読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

大正製薬さんの、アレルギー専用鼻炎薬クラリチンEX

医療

oukajinsugawa.hatenadiary.jp

 

 

 この前、上のように、花粉症対策の話を

書きましたが、井川遥さんがTVCMに出て

いたので、何のコマーシャルかな?と見て

みたら、これも、花粉症対策の薬だったん

ですね。

 

花粉を感じたら クラリチンEX | クラリチンEX | 大正製薬

 

 クラリチンEXというそうですが。

 

 そういえば、電車でマスクをかけている

人が増えていますので、花粉症予防なの

でしょうか?

 

 マスクについては、以下のように、他の

対策もあるようですが。

 

oukajinsugawa.hatenadiary.jp

 

 

oukajinsugawa.hatenadiary.jp

 

oukajinsugawa.hatenadiary.jp

 

 なんでも、新聞によると、医療用医薬品

クラリチン」に含まれる成分を配合して

いるそうで、医療用のクラリチンを転用した

一般用医薬品は国内初だそうで、1日

1回の服用で、税別7錠入り1,380円、

14錠入り1,980円とお高いですが、効くん

でしょうかね?

 

 医療用医薬品のクラリチンは、独バイエルの

日本法人バイエル薬品が2002年から販売

しているそうで、バイエル薬品が一般用医薬

品としての製造販売承認を取得し、販売権

契約を締結していた大正製薬さんが、薬剤師

の説明が必須である「要指導医薬品」として

販売するんだそうです。(と、新聞に書いて

ありました。)

 

 海外ではすでに、一般用医薬品として販売

されているそうです。

 

 クラリチンEXには、医療用成分の「ロラタ

ジン」を同量配合しているそうですので、どの

ような企業がこのような研究をおこなっている

のか、この「ロラタジン」を要約に含む特許

出願で調べると、以下のようになっていました。

 

f:id:oukajinsugawa:20170207102658j:plain

 

 2件までを表示させましたが、1件という

のが30社以上となっています。

 

 内容を見ると、やはり、抗アレルギー用、

アレルギー性鼻炎治療薬、感冒薬、点眼

点鼻用などが多いんです。

 

 ちみに、シェーリングというのは、以下の

ウイキのように、当初ドイツSchering AGの

傘下でしたが、1971年にUS Schering-Plough

Corporationとなり、現在は、Merck & Co.の

傘下だそうですよ。

  

Schering-Plough - Wikipedia

 

 要約に「ロラタジン」を含むものは、

大正製薬が1件で、バイエルは0件

でしたので、請求の範囲に検索を広げ

ると、出ましたね、バイエルさん、2件あり、

両方とも、発明の名称は、「経口で分散

可能な錠剤」で、特表2011-506279と

特開2015-038123となっています。

 

 ちなみに大正製薬さんは、特開2006-

199690「医薬組成物」で、

 

【課題】

 アレルギー性鼻炎等による鼻水及び

鼻づまりの抑制に優れた治療効果を

有する医薬組成物を提供することである。

 

【解決手段】

 ロラタジン又はその塩、及び抗コリン薬を

配合することを特徴とする医薬組成物である。

抗コリン薬としては、例えば、ベラドンナ

アルカロイドベラドンナエキス、アトロピン、

ホマトロピン、スコポラミン、ロートエキス、

ヨウ化イソプロパミド、ダツラエキス、臭化

メチルベナクチジウム及び臭化プロパンテ

リン等が挙げられ、好ましくはベラドンナ

アルカロイドである。

 

だそうです。

 

 ちなみに、いつものように、私はアフリ

エイターではありませんし、この薬の効用を

保証するものでもありませんので、念のため。