読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

小野薬品工業さんの、がん治療薬特許

 

 小野薬品工業さんのがん免疫薬の

オプジーボ(一般名はニボルマブだそう

ですが)が、最初は、悪性黒色腫(メラノ

ーマ)の治療薬として製造販売承認を

受けたのが、肺がん患者の80%以上を

占める非小細胞肺がんにも使えるという

ことで、話題になっています。

 

 抗がん剤が効かないがん細胞にも

劇的に効果があるそうです。

(ただし、劇的な効果を示す患者は

3割程度で、7割にはそれほど大きな

効果がなく、これが未解明ということと、

劇症型の糖尿病や重症筋無力症など

の患者には重篤な副作用があるそう

です)

 

 まあ、そうは言っても、一部の患者では

末期のがん細胞が小さくなるだけでなく、

がん細胞が消えた患者もいるそうで、

末期がんの場合には、是非とも使いたい

ということになるでしょう。

 

 薬剤費が高いのがネックですが(年間

3千万円超だそうで)、是非とも安くして

欲しいものです。

 

 小野薬品工業さんを調べると、正式名称

小野薬品工業株式会社」、本社大阪市

中央区、創業享保2年!!(1717年)、

資本金17,358百万円、連結従業員数

2,987名連結売上高135,775百万円、と

いうことで、抗がん剤の影響で、株価が

上昇して、時価総額が3兆円に迫る勢い

です。

 

 オプジーボは、2014年の9月に、皮膚がん

用点滴静注薬として発売されたわけですが、

どんな特許なのか調べてみましょう。

 

 今回も、プラピ(J-PlatPat)さんに、お願い

することとして、出ましたね、特許4249013

「PD-1に対し特異性を有する物質」、出願が

2002年と古いですね。

 

 この特許が、小野薬品工業さんの抗PD-1

抗体関係物質の、最初のもののようです。

 

 特許権者は、本庶佑先生と、小野薬品工業さん

(筆頭発明者も、本庶佑先生)で、本庶佑

先生は、PD-1の発見で、昨年もノーベル賞

候補に挙げられていました。

 

2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する① 免疫制御の分子の発見とがん治療への応用 | 科学コミュニケーターブログ

 

 ということで、「じゃあ、この物質は

何の役に立つのか?」ということで、特許

4409430「免疫賦活組成物」で、請求項の

1に、「PD-1抗体を有効成分として含み、

インビボにおいてメラノーマの増殖または

転移を抑制する作用を有するメラノーマ

治療剤。」でっせ、と書かれています。

(国際公開番号はWO2004/004771)

 

 さらには、特許の5885764「癌治療剤」

(出願が2014年)では、

「 PD-1の免疫抑制シグナルを阻害

する抗PD-L1抗体を有効成分として

含む癌治療剤であって、癌が、癌腫、

扁平上皮癌、腺癌、肉腫、白血病、神経腫、

メラノーマ、リンパ腫および骨髄腫、 扁平

上皮癌が、子宮頚管、瞼、結膜、膣、肺、

口腔、皮膚、膀胱、舌、喉頭または食道の

癌、腺癌が、前立腺、小腸、子宮内膜、

子宮頚管、大腸、肺、膵、食道、直腸、

子宮、胃、乳房または卵巣の癌、癌が、

肺癌、大腸癌、食道癌、卵巣癌、メラノーマ

またはリンパ腫」にも、効きまっせ、と

欲張った??(きっと違うと思います!!

何にでも効くといいですね。)内容と

なっています。

 

 2015年出願の、特開2015-163631

「肺癌治療剤」という、「肺癌が、肺扁平

上皮癌または肺腺癌である肺癌治療剤。」

だけでおま、という欲張らない??ものも

ありますが。

 

 社長さんの話では、2030年にオプジーボ

の特許が切れると言っていますので、

きっとUSP8728474「IMMUNOPOTEN-

TIATIVE COMPOSITION」を指していると

思われますが、ファミリーは、上で取り

上げた日本のものや、ヨーロッパなどにも

出願されている、いろんなものがあります。

(以下は、上で取り上げた特許4409430基準で

表示させたファミリーです)

 

 

f:id:oukajinsugawa:20160507143209j:plain

 

 

 

 

 

 

 2016年7月22日追記:

 以下のような記事が出ていました。

 

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/072100394/?i_cid=nbpnbo_tp

 

 命の沙汰も金次第(正確には、「地獄の

沙汰も金次第」ですが)、人の命も金次第

の世の中が、ますます助長されるようです。

 

 

 2016年8月8日追記:

 さらに広い効果があるかの肺がん患者への

オプジーボ治験で、薬効が確認できなかった

とのことで、株価が急落しました。

 

 他の医薬との併用治験はまだされていない

ので、これからも、二転三転するのでしょう。