知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

ひろ工房と、むけるっちゃー

 この前、朝のニュース・情報番組で、

日本のお役立ちグッズを世界に届ける

というのをやっていました。

 

 お役立ちグッズは、タコとかイカとかの

ぬるぬるしたものをしっかりつかんで切る

ことができるという手袋でした。

 

 名前は「むけるっちゃーG」というんだ

そうで、「ひろ工房有限会社」というところ

が製造販売しているそうで、7万個も売れる

といっていました。

(7万双と言っていなかったのですが、

まあー、7万双なのでしょうね)

 

 ということで、「ひろ工房」というのを

調べてみると、結構同じような名前の会社が

あるもんです。

 

 「ひろ工房」のみですと、同人グッズの

ひろ工房、陶芸教室ひろ工房、大工さんの

ひろ工房、などいろいろ出てきます。

 

 ひろ工房有限会社で検索すると、住まい

作りの名古屋市有限会社ヒロ工房、半蔵門

にある有限会社ヒロ工房、宮城県の有限会社

ヒロ工房、横須賀市にある有限会社サイン

デザインヒロ工房などあって、株式会社でも

株式会社ヒロ・工房などいろいろあるん

です。

 

 ということで、調べる「ひろ工房」さんは

どれかいな?というとことろですが、「会社

概要-ひろ工房むけるっちゃーG」というのが

ありましたので、これですね。

 

http://hiro.ciao.jp/info.html

 

 値段は以下のように、フリーサイズが864円、

Sサイズ432円だそうです。

 

むけるっちゃーGショップ

 

 会社は北海道にあるようで、事業内容は、

イデア商品の開発・生産および販売と

なっています。

 

 HPには「文部科学大臣より「創意工夫

功労者賞」を受賞いたしました」となって

おり、平成17年に受賞したそうですが、

平成26年度の受賞は以下となって

いました。

 

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/04/1346090.htm

 

 ということで、事業内容が、「アイデア

商品の開発・生産および販売」となって

いますので、知財関係の権利化をおこなって

いるんだろうなと思い、特許や実用新案

関係で「ひろ工房有限会社」さんと入れて

みても、出てきませんね。

 

 代表取締役の「石橋ひろ子」さん名で

出願しているのかな?と思い、こちらを

入れると出てきました。

 

 5件と少ないので、以下に貼り付け

ましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20150112111744j:plain

 

 一番上の調理用手袋というのが、

むけるっちゃーGなのですが、拒絶理由

通知のあと意見書も出したのですが、

残念なが拒絶査定となっていました。

 

 特許事務所を通さず、自分で出願書類

を書いて対応していますので、手続補正

指令書が来て、自分で手続補正書を提出

したりしており、請求項を見ると、残念

ながら、「なんだかなー」という記載と

なっていて、書き方を工夫すれば権利

取得が可能だった可能性があります。

(「文部科学大臣から創意工夫功労者賞を

もらえるぐらいなんだから、少しはまけて

あげてもいいじゃん」・・・・とはいき

ませんね)

 

 ほかの特許出願3件は審査請求せず

取り下げ擬制となっており、もったい

なかったです。

 

 実用新案の出願は2007年でしたが、

こちらのほうも2010年に権利が消滅

しており、権利を持っているメリットが

なかったのでしょうか。

 

 最近の出願は残念ながらないのですが、

拒絶査定を受けたりして、出願の意欲が

なくなってしまったのでしょうか。

 

 頑張って欲しいものです。

 

 それでは、他の知財関係の権利はどうか

ということで調べると、意匠のほうはありま

せんでしたが、商標登録のほうは1件あり

ました。

 

f:id:oukajinsugawa:20150112111959j:plain

 

 こちらのほうの出願は2003年で、

登録から10年で原則権利が切れます

ので、再度10年間の更新がされて

いますので、ご立派。

(商標登録は何度でも更新可能です)

 

 商標のほうでさらに権利を強化する

には標準文字での登録もしておくと

よいのですが、残念ながらこちらの

ほうの登録はないようでした。

 

 それでは、また。