読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

変幻灯ですか?

 日曜日にテレビをつけたら、「理系いたずら

グランプリ!」というのをやっていて、いろいろ

紹介していましたが、今回は、「目の前の壁が

グニャグニャに動き出す」というものです。

 

 テレビでは、絵のモナリザの目がいろいろ

動くというのをやっていて、絵のほうには何も

仕掛けがなくて、プロジェクターからの光を

動かすと、脳が錯覚を起こして動いているように

見えるんだ、などと紹介していて、次世代広告

として注目されており、大日本印刷とNTTComが

共同開発&販売中だということです。

 

 壁に貼られた広告の髪がなびいているように

見えるようにすることができるそうで。

 

 変幻灯と言うんだそうで、商標を調べると、

登録5816438、標準文字商標で、権利者は

日本電信電話株式会社、指定商品、指定

役務は多数ありますが、液晶プロジェクタ,

デジタル画像処理用のコンピュータソフト

ウェア、等々、となっています。

 

 ニュースリリースでも以下のようにあり

ますね。

 

大日本印刷とNTT Comが共同開発 写真や絵に動きを与える光投影技術「変幻灯」を活用した次世代POP広告を販売開始 | DNP 大日本印刷株式会社

 

NTT HOME > NTT持株会社ニュースリリース > 世界で初めて、写真や絵に動きを与える不思議な照明『変幻灯』を開発

 

変幻灯®:写真や絵に動きを与える光投影技術 | ソリューション | DNP 大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部

 

 以下は、昔の違うものかな?と思ったの

ですが、やはりNTTさんのもので、いかにも

古臭く見せているものです。

 

変幻灯 / Deformation Lamps

 

 ということで、早速特許出願を調べると、

以下のようになっています。

 

・ 再表2015/163317(WO2015/163317)

 「映像呈示装置、動的錯覚呈示装置、

映像生成装置、それらの方法、データ構造、

プログラム」

 

【要約】

  対象物に動きが与えられているように知覚

させるために、この対象物に映像を重畳する。

この映像は、当該対象物に与えられる動きに

対応する輝度運動成分を含む映像である。

 

f:id:oukajinsugawa:20170515083028j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170515083036j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170515083047j:plain

 

【発明の詳細な説明】

【技術分野】

【0001】

  本発明は、視覚的な錯覚をもたらす技術に

関する。

 

【0005】

  対象物に動きが与えられているように知覚

させるために、この対象物に映像を重畳する。

この映像は、当該対象物に与えられる動きに

対応する輝度運動成分を含む映像である。

 

【発明の効果】

【0006】

  これにより、対象物が有するパターンを利用

して対象物に動きが与えられているように知覚

させることができる。

 

 最近、ディスプレイを使用したデジタルサイ

ネージが、一般的になってきましたが、こんな

技術もあるんですね。