読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

日本製紙さんのメタボ抑制サンルージュ

機能性食品分析

 日経産業新聞20161118日付けで、

日本製紙がメタボ抑制の高機能茶を17

発売」、というのが載っています。

 

 電子版の記事は、 「日本製紙2017年、

メタボリック症候群(メタボ)抑制の効果を訴求

するお茶「サンルージュ」を発売する。このほど

人に効果があると確認、同年春に機能性表示

食品として消費者庁に届け出る。さらに今月

20日には認知症にもプラス効果が認められる

として、学会で発表する。森林技術をもとにした

新しい素材事業として育てる。」となっており、

サンルージュの赤い色素の「アントシアニン」と

緑茶特有のカテキン成分との相乗効果に

よって、でんぷんが糖に分解されるのを防ぎ、

メタボ抑制になるんだそうです。

 

 なるほど日本製紙さんのサンルージュという

のに、以下のように載っていますね。

 

赤いお茶サンルージュ

 

 新聞では、メタボと認知症対策の2つが

載っていますが、上のURLではそのほかに、

眼精疲労、抗ストレス、抗疲労、肝機能保護

なども載っています。

 

 以下のように現在、開発段階だと書かれて

いますので、販売の目途が立ったのでしょう。

 

http://www.nipponpapergroup.com/about/future/agri/

 

 サンルージュの品種登録を調べると、以下の

ように、つくばの農研機構と、日本製紙から

登録されています。

 

http://www.hinsyu.maff.go.jp/vips/CMM/apCMM112.aspx?TOUROKU_NO=21262&LANGUAGE=Japanese

 

 日本製紙HPでは論文タイトルなども

載っていますが、私のほうでは、特許出願を

調べてみましょう。

 

 そうすると、再表2014/065369「茶葉抽出物」

というのがあり、以下のようになっています。

 

【要約】

  本発明は、安定性の高いアントシアニン

豊富に含み、かつ、嗜好性の優れた茶葉抽出

物を提供することを目的とする。すなわち本

発明は、茶葉抽出物の乾燥重量に対してデル

フィニジンまたはその配糖体0.13重量%以上と

カテキン類23.0重量%以下とを含む茶葉抽出物、

茶葉を茶葉乾燥重量の10倍量以上の水を用いて、

温度70℃~95℃、時間5分~60分の条件で

抽出する前記茶葉抽出物の製造方法、前記茶葉

抽出物又は前記組成物を含む飲食品および

その用途を提供する。

 

 背景技術は、以下だそうですよ。

 

【0002】

  アントシアニンは植物体に含まれる赤の

色素であり、抗酸化性、ロドプシンの再合成

促進作用、コラーゲン合成促進作用、毛細血管

保護及び強化作用等の機能性を持つことが

知られている。しかし、アントシアニンは、熱

および光に不安定であることが知られており、

光分解又は空気酸化によるアントシアニン

分解、変色および褪色が問題となっていた。

例えば、カシス、ブルーベリーなどに含まれる

アントシアニンは不安定であることが明らかに

なっている。

 

【0003】

  一方、茶葉抽出物に含まれるカテキン類は、

抗酸化作用、脂質改善作用などの生理効果が

注目されてきている。しかし、高濃度にカテキン

類を含む茶葉抽出物は苦味および渋味が強く

なるため、カテキン類を含有しながら苦味およ

び渋味を低下させようとする技術が望まれて

いる。

 

 ということで、前記の茶葉抽出物に至った

そうで、来年、忘れていなかったら、私も

試しに飲んでみることに致しましょう。