読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

パテントマップ特許情報分析医療機器編 23 Warsaw Orthopedic Incとワルシャワの関係

今回はウォーソーさんですね。

 

 と書いていますが、ウォーソーという

のは、街の名前であって、「東京なんちゃら

かんちゃら株式会社」さんを、「東京さん」

と呼んでいるようなもんなんです。

 

 まあ、それはさておき、ウォーソー

さんの正式名称は、「WARSAW OR-

THOPEDIC INC」というもので、ホーム

ページを調べても、日本でも海外でも

HPが出てきません。

 

 特許出願情報とかはどんどん出て

くるのですが、弱りましたね。

 

「Warsaw」を調べると、まずはポーランド

の首都のワルシャワが出てくるわけで

して、我々の調べるWarsawは、米国の

インディアナ州にある街なんですね。

ポーランドの首都にちなんで名づけ

られたそうです)

 

 この街は、最初に整形外科関係の

医療機器企業のデピュイさんが設立

された街で(1895年です)、整形外科

関係の医療機器企業が集まっている

街でもあるし、この医療関係の企業を

積極的に誘致して、これを売りに

している街でもあるんです。

 

 どんな企業があるのかというと、

以下のURLのように、ZIMMER、

BIOMET、DEPUY、PARAGON、

SYMMETRY、この前コヴィディエン

買収で取り上げたMEDTRONIC

などなどが集まっています。

 

http://mywarsaw.net/work/major-employers/

 

 というように、URLには企業名が

載っているのですが、残念ながら、

目指すウォーソーさんはこちらでも

出てきません。

 

 ということで、仕方がないので、

Medical EquipmentのBuyer‘s

Guideで調べると以下のように、

やっと出てきました。

 

http://www.medicregister.com/Warsaw_Orthopedic_Inc/Supplier/sid9678.htm

 

 プロフィールを覗いてみると、整形

外科関係機器で、関節鏡、移植機器、

骨プレート、骨用ねじ、骨用セメント

などなどの医療機器関係の研究

開発をおこなっている、1971年

創業のプライベートカンパニーです。

 

 ということで、充分わかったわけ

ではありませんが、わかったつもり

になって、次に行ってみましょう。

 

 まずは、どんなFタームのテーマ

コードがあるのかいなと見てみると

以下となりました。

(尚、今までも同じように分析して来て

いますが、すべて、FIのA61B17*と

19*の手術用機器に限定して検索

した結果のFタームですので、お間

違いなく)

 

f:id:oukajinsugawa:20150131160619j:plain

 

 結果は上のようになりましたが、まだ

よくわからないので、観点分析に行きま

しょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20150131160816j:plain

 

 やはり骨や関節関係の手術機器が

主なんですね。

 

 ということで、手術分野をさらに細かく

見てみると、以下のようになっていました。

 

f:id:oukajinsugawa:20150131160841j:plain

 

 ウォーソーさんは、脊椎や背骨などの

背中などの骨の手術に強みを持って

いるようです。

 

 この前のデピュイさんやスミス&

ネフューさんは、同じ骨でも、大腿骨や

膝関節、脛骨などが多かったですので、

それぞれの企業での強みがあるので

しょう。

 

 競合企業分析をする場合には、

コンパラマップで強みや弱みを

分析していくことになり、これらの

分析により、どこに資源を割くかの

戦略検討が必要になります。

 

 ということで、ウォーソーさんの

将来を占ってみると??、以下の

ようになりました。

 

f:id:oukajinsugawa:20150131160926j:plain

 

 なんか、最近は気合が入っていないよう

ですので、海外の公開状況を見てみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20150131160954j:plain

 

 なんかやっぱり、気合が入っていない

のでしょうか?

(一定の公開件数はありますので、

リーマンショック後の一時的な落ち

込みかもしれませんが)

 

 ということで、今回はこのへんに

致しましょう。