読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

日本カーリットさんのガラス破壊具付き発炎筒

 今日は発煙筒の話か?と思った方とは

違って、車に装備されている、煙ではなく、

炎を出す、発「炎」筒の話です。

 

 日本カーリット株式会社という会社がある

のですが、設立が1934年、本社が東京の

京橋、資本金が1,204,600,000円、事業内容

が、化薬・化学品・電子材料品・研削材等と

なっており、現在は、今はやりの持ち株会社

化で、カーリットホールディングスの傘下と

なっています。

(カーリットホールディングスは、連結

売上高46,378百万円、連結従業員数996名)

 

 この日本カーリットさん、自動車用発炎筒

では、半世紀の歴史で、もともとは爆薬製造

で、これを発炎筒に応用し、線路などに設置

する鉄道用、高速道路での故障時などでの

自動車用発炎筒で有名です。

 

 最近はゲリラ豪雨などで、車に閉じ込めら

れることも珍しくなく、このときに、窓ガラス

を割るハンマーなどが備わっていないと、

最悪の事態になるわけなんです。

 

 そのときに、助手席の足元に設置されている

発炎筒に、窓ガラスを割る機能が付いていると

強い味方となるわけで、このガラスを割る

機能が付いた発炎筒が、日本カーリットさんの、

商標登録5026403スーパーハイフレヤープラス

+ピックなんです。

(私は、日本カーリットさんと縁もゆかりも

ありませんので、念のため)

 

f:id:oukajinsugawa:20170308162317j:plain

 

スーパーハイフレヤープラス+ピック|日本カーリット株式会社

 

 ちなみに、上のURLにあるように、商標登録

5329037「スーパーハイフレヤープラス+カッター」

というのもありますよ。

 

f:id:oukajinsugawa:20170308162345j:plain

 

 ということで、この+ピックのほうの発明を

検索すると、特開2007-181902「緊急脱出用

工具、及びそれを備えた自動車用緊急保安

炎筒」となっています。

(残念ながら拒絶査定です。)

 

f:id:oukajinsugawa:20170308162417j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170308162429j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170308162447j:plain

 

 尚、発炎筒の有効期限は4年ということの

ようですが、私のおんぼろ車は、すでに10年

以上乗っていますし、普通のトンカチでは

ガラスを割れないとのことですので、オート

バックスにでも行って、この製品を、探して

みることに致しましょう。

(私のほうでは、いつものように、この効能を

保証するものではありませんので、念のため。)