知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

YAMAHA LMWテクノロジー

 昨日は、バイクの意匠を検索してみた

わけですが、ヤマハさんでは、LMW

テクノロジーというのがあって、以下の

ような意匠登録がされています。

 

・ 意匠登録1543913「自動三輪車」

 

f:id:oukajinsugawa:20170927155051j:plain

  

 このLMW技術というのは、以下のように

説明されています。

 

広がるモビリティの世界 LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第1弾 「TRICITY MW125」日本仕様を新発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社

 

 ヤマハさんでは、このLMWというのが

いかにすぐれていて、安定性がある技術

なんだというのをアピールするために、

乳母車(ベビーカー)をこのLMW技術で

作製し、動画で公開しているのですが、

ご存知ですか?

 

クレイジーパパとベビーカーがLMWチャレンジ! もしもベビーカーにLMWの技術を取り入れてみたら??みんなはもぅ見てくれたかな? - Yamaha Motor Life|ヤマハ発動機株式会社

 

www.youtube.com

 

 今回の第一弾は、縁石にぶつかっても

OKと言う動画になっていますが、次は

LMW搭載スーツケース編、とか、学生

参加のアイデアコンテストなども公開

予定だそうですよ。

 

 ということで、それでは、どんなLMW

発明になっているのか、一番新しい

2017年公開の出願を調べてみましょう。

 

・ 再表2015/146680「鞍乗型車両」

 (WO2015/146680)

【要約】

  左右の前輪を備えた鞍乗型車両に

おいて、車両発進時にリンク機構の

ロックをより確実に解除可能な構成を

得る。三輪車両は、左右の前輪を車体

フレームに対して接続するリンク機構と、

リンク機構をロック状態またはロック

解除状態にするロック機構と、ロック

機構を制御するロック機構制御部101と、

車速を検出する車輪速センサ104と、

車速の変化率を取得する車速変化率

取得部101aとを備える。ロック機構

制御部101は、ロック機構によって

リンク機構がロック状態であり、且つ、

車速及び車速変化率のうち少なくとも

一方がロック解除条件を満たしている

場合に、ロック機構によってリンク機構を

ロック解除状態にする。

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170927155407j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170927155424j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170927155439j:plain

 

 以下もありますよ。

 

・ 特開2014-237362「鞍乗型車両」

 

【課題】

 左右の前輪を備えた鞍乗型車両に

おいて、該左右の前輪に生じる振動に

伴う走行フィーリングの低下を効果的に

防止可能な構成を得る。

 

【解決手段】

 三輪車両(1)は、車体フレーム(11)と、

左右の前輪(3)と、左右の前輪(3)を

車体フレーム(11)に対して接続する

リンク機構(30)と、左右の前輪(3)に

生じる同位相の振動を減衰可能な

サスペンション(40)と、左右の前輪

(3)に生じる逆位相の振動を減衰

可能なダンパ装置(50)とを備える。

ダンパ装置(50)は、少なくとも一部の

周波数領域で前記逆位相の振動の

周波数が大きくなるほど減衰力が

大きくなるように構成されている。

 

f:id:oukajinsugawa:20170927155456j:plain