読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

フューチャーロボティックスさんの4腕災害対応ロボ

 フューチャーロボティックスさんが、

菊池製作所と開発している災害対応

ロボにめどをつけた、という記事が新聞に

出ていました。

 

 フューチャーロボティックスさんは、早大

発のベンチャーで、新聞によると、4腕には

把持機や切断機、カメラなどを取り付ける

ことができ、発売価格を2,000万~3,000

万円を想定し、2019年度内の実用化を

目指すそうです。

 

 さらに新聞では、名前がオクトパス

(腕が4本、脚(クローラー)も4つで

合計8個なので、オクトパス(タコ)

なのでしょう)、ガソリンエンジン駆動で、

最大登坂傾斜30度、アームにCCD

カメラを設置でき、遠隔操作もできる

そうで、放射線の影響を受けないように、

制御系には厚さ5センチの鉛箱で被覆し、

50ミリシーベルト以上の線量下で、

2時間の作業ができるそうです。

 

 ちなみに、フューチャーロボティックス

さんは、設立が20158月、本社が新宿区

大久保で、ロボットは以下のようになって

います。

 

http://www.future-robotics.co.jp/introduction.html

 

 高齢者用の震えを抑えるロボットや、

手術支援ロボットなどもあるんですね。

 

 ということで、4腕災害対応ロボがどんな

発明なのか見てみると、特開2017-052013

「複腕移動ロボット」というもので、以下と

なっています。

 

【課題】

 多様な作業を行えるとともに、地面の様々な

状況下でも走行可能となり、且つ、狭隘な

災害現場等での作業や移動のために

ロボット全体の小型化を促進する。

 

【解決手段】

 複腕移動ロボット10は、所定範囲内で動作

可能な複数の腕部19を含む車体14と、車体

14を移動させるように地面Gに接触しながら

動作する走行体15と、操作者の操作に応じて

各腕部19及び前記走行体15の動作を制御

する制御装置44とを備えている。腕部19は、

地面Gが所定の不整地状態のときに、先端側

で地面Gに接触しながら車体14の移動を

アシスト可能に構成されている。制御装置44は、

腕部19と走行体15の動作制御を自動的に行う

自動制御手段51を備えており、自動制御手段

51では、腕部19及び走行体15を協調動作

させることで、車体14の移動をアシストする

ように、腕部19及び走行体15の動作制御を

行う。

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131026j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131036j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131050j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131101j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131113j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131122j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170411131136j:plain