読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

USPTOで、米国特許を検索しよう その17 Public PAIR概要

 

f:id:oukajinsugawa:20170222140610j:plain

 

 前回からの続きで、上の画面のそれぞれの

入れ方を調べましょう。

 

 これは、以前にも書いたような気がしますが、

今回、再度、バック・トゥ・ザ・フューチャー

出てきた、自動で靴紐が締まるというナイキの

特許を例にとって調べてみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20170223110655j:plain

 

 ナイキの自動で靴紐が締まる特許は、

上のようになり、これらの番号は、以下の

ように入れることになります。

(方法は、下記1種類だけではなく、いろ

いろあります)

 

① Application Number (出願番号)

    12/114022

  この前説明した、Quick Searchでの入れ

 方とは異なりますので、注意しましょう。

 

 ② Control Number (再審査番号)

     詳細は省きますが、米国の再審査制度と

  いうものでの番号で、基本的に、出願

  番号と同じです。

     12/114022

 

 ③ Patent Number (特許番号)

     8046937

 

 ④ PCT Number (国際出願番号)

       PCT/US09/42075   

  (そのまま、PCT/US2009/042075でも可)

 

 ⑤ Publication Number (出願公開番号)

      2009-0272007

 

 もし、失敗して、再度おこなって入らない

時は、再度HPから入り直すと、入れる

ことができます。

 

 また、タイミングによって、次の画面に

移るのにかなり時間がかかりタイムアウト

なることがありますので、そのときには、少し

経ってからやり直してみてください。

 

 ⑥ International Design Registration Number 

  (国際意匠登録番号)

   ヘーグ国際条約による意匠登録に関する

  もので、米国特許法では、日本と違い、

  意匠も特許法の中の一つの発明

  (Design Patent)という位置づけのため、

  ここに番号を入れて調べることができる

  ようになっていますが、特許を調べる

  場合には、ここは関係ありません。

 

 そうすると以下のような画面になります。

 

f:id:oukajinsugawa:20170223110750j:plain

 

 ということで、上のタブをそれぞれクリック

してもらうと、いろいろ遊べるわけですが、

それぞれの概要は以下となります。

 

・ Select New Case

  最初の画面に戻ります。

 (最初のSearch画面にジャンプしま

  すので、入れた内容は消えてしまいます。

  したがって、入れた内容そのままの前の

  画面に戻るには、ブラウザの戻る矢印で

  前に戻りましょう。) 

 

・ Application Data

  上の画面です。

 

・ Transaction History

  審査でどのようなことが行われたの

  かのリストです。

 

・ Image File Wrapper

   いわゆる包袋ですね。

  ハイパーリンクをクリックすると、それ

  ぞれの文書を見ることができます。

 (結構時間がかかることがありますし、古い

  出願の包袋は表示されません)

 

・ Patent Term Adjustment

  特許期間延長制度の恩恵を受けたのか

  どうかがわかります。

 (詳細は書きませんので、内容は、WEBで

  調べてみてください)

 

・ Continuity Data

  継続出願関係がわかります。

 (今回は検索方法が目的ですので、これも

  詳細は書きませんので、必要なら、調べて

  みてください。)

 

・ Fees

  年金情報です。

 

・ Published Documents

  出願文献を見ることができます。

 

・ Address & Attorney/Agent

  電話番号なども出てきます。

 

・ Supplemental Content

  補足情報があれば、出てきます。

 

・ Assignments

  譲渡、譲受情報です。

 

・ Display References

  参考情報として、審査時の引用文献

  などが出てきます。

 

 尚、このほかに、文献によって、優先権

情報のタブなどが表示されます。

 

 ということで、続く。