知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

排便予測装置及び排便予測方法

techon.nikkeibp.co.jp

 

 上の記事で、トリプル・ダブリュー・ジャパン

さんが「DFree」というもので、NEDO助成事業を

おこなうとの話が出ています。

 

 排泄を予知できるんだそうで、お漏らし間近な

私も、興味を持って調べてみましょう。

 

 トリプル・ダブリューさんの商号は、「トリプル・

ダブリュー・ジャパン株式会社」、設立が2015年

2月、本社は東京の渋谷区、従業員数10名の

ベンチャーさんで、事業概要は、排泄の悩みや

負担を軽減するソリューション『DFree』企画・

開発・販売、だそうですよ。

 

http://dfree.biz/

 

 どんな発明なのか調べると、特許6012909

(WO2016/052747)「排便予測装置及び排便

予測方法」というもので、

 

【請求項1】

 直腸の太さを検出するセンサと、

前記センサの出力に基づいて排便タイミングを

判定する判定部とを備えた排便予測装置。

 

【請求項2】

 請求項1に記載の排便予測装置において、

排便タイミングの到来を報知する報知部を

さらに備え、前記判定部は、排便タイミングが

到来したと判定したときに前記報知部を作動

させる排便予測装置。

 

【請求項3】

 請求項1に記載の排便予測装置において、

前記判定部は、排便タイミングが到来したと

判定したときにその旨を外部へ報知する排便

予測装置。

 

 以下、割愛。

 

 背景技術としては、

【0002】

 従来より、排便を予測する装置が知られている。

例えば、特許文献1の装置は、被検知物を対象

者に内服させ、該被検知物が直腸に到達した

ことを体外から非侵襲的に検知することによって、

対象者の便意を検出している。

 

【先行技術文献】

【特許文献】

【0003】

【特許文献1】特開2009−247690号公報

 

などがあるそうで、

 

【0004】

 しかしながら、特許文献1の技術では、対象

者が被検知物等の異物を飲み込む必要がある

ため、苦痛や煩わしさを伴う。また、対象者が

要介護者の場合には、そのような異物をうまく

飲み込めない場合もあり得る。

 

【0005】

 ここに開示された技術は、かかる点に鑑みて

なされたものであり、その目的とするところは、

対象者に苦痛や煩わしさを感じさせることなく、

排便タイミングを予測することにある。

 

f:id:oukajinsugawa:20170310113306j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170310113314j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170310113324j:plain

  

 ということで、私はまだ要介護者ではない

ですが、要介護者一歩手前と思いますので、

是非早いところ製品化をおこなっていただき

たいと思います。

 

 もうすでに、クラウドファンディングでは

出荷されているようですね。

 

https://readyfor.jp/projects/DFree