読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

飛騨産業さんの曲げ木皿

知財トリビア

 これまた所さんの番組で、飛騨産業

さんが開発した曲木皿というのを紹介

していました。

 

 「仰天!グニャグニャに曲がる

木自由自在な形の皿を作る技術とは!?」

だそうで。

 

 飛騨産業さんは、岐阜県高山市の老舗

家具メーカーだそうで、ここでは、曲げ木の

技術が有名で、曲げることのできない杉の

木を曲げる技術を開発し、これで木の皿

などを作っているそうです。  

 

 特許出願を調べると、なるほど、あり

ますね。

 

 特開2016-165860「集成圧縮柾目材の

製造方法及び集成圧縮柾目材」というのと、

特開2017-019177「圧縮木材の製造方法

及び圧縮木材並びにこの圧縮木材を切削

してなる切削板材」というのがありますが、

公開ほやほやのほうは、以下のように

なっています。

 

【課題】

 より少ない工数で要求される硬度と加工

性・軽さを備える圧縮木材の製造方法及

圧縮木材並びに圧縮木材を切削してなる

切削板材を提供すること。

 

【解決手段】

 木材を加熱圧縮する加熱圧縮工程を有

する圧縮木材の製造方法において、木材は、

該木材の原木の外周面1aと、原木の軸

方向に略平行な切断面(対向面1b及び

両側面1c,1c)と、を有する切断木材で

あり、加熱圧縮工程は、切断木材に外周

面側及び対向面側から押圧力を付加して

行われることを特徴とする。これにより、

加熱圧縮が切断木材に外周面側及び

対向面側から押圧力が付加されつつ行わ

れることで加熱圧縮後の樹皮下層を有する

外周面は硬度が大きく上昇する一方、加熱

圧縮後の切断面は外周面と比較して一定の

てより少ない工数で圧縮木材を得ることが

できる。

 

f:id:oukajinsugawa:20170218161249j:plain

 

 ちなみに、飛騨産業さんは、「飛騨産業

株式会社」、創業1920年、本社は岐阜県

高山市、資本金1億円、従業員数452名、

事業内容は、家具インテリア用品の製造

販売 / 自然エネルギーによる発電事業 /

林業 / 製材業、だそうで、曲木家具と

いうのが会社沿革と共に紹介されています。

 

https://kitutuki.co.jp/