読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

東洋紡さんの、下着で居眠り運転検知

医療機器分析

 東洋紡さんと医療機器を手掛けるユニオン

ツールさんで、運転中の居眠りを検知して

アラームを鳴らす肌着を開発し、2017年内に

販売を始める計画だそうで、新聞などでいろ

いろ取り上げられていますね。

 

 フィルム上の導電素材「COCOMI(ココミ)」

というのをセンサーにして、心電図のデータを

取得して眠気が生ずる特定のパターンを

検出するそうで、実証実験を経て、当初は、

トラックやバス会社など向けに販売するそう

ですね。

 

 このようなスマート衣料は、いろいろ開発

されており、たとえば、東レさんとNTTさんで

共同開発した、不整脈検査や熱中症対策用

「hitoe(ヒトエ)」とか、心電図測定のミツフジ

さんの「ハモン」、グンゼさんのモウモウさん

(乳牛ですね)に着せて体調管理する「ウシ

ブル」などいろいろ開発されており、この前の

ウエアラブルEXPOでも沢山出ていました。

 

 まあ、これらの製品はおいおい取り上げると

して、今回は東洋紡さんの発明を見てみましょう。

 

 東洋紡さんの肌着としての発明は、まだ出願

公開されていませんが、どのように検知して、

予防するんだという基本的な発明はすでに

東洋紡さんと、ユニオンツールさんから共同で

出願されており、特許6063775(特開2014-

168541)「居眠り予防方法、及び居眠り予防

装置」となっています。

 

【課題】

 誤検出を抑えつつ、居眠り状態に入りつつ

ある未然の状態を検知することができる居眠り

防止方法、及び居眠り防止装置を提供する。

 

【解決手段】

 人の心拍を計測する計測ステップと、隣り合う

心拍の時間間隔(以下「心拍間隔」と記載)が、

1拍分前の心拍間隔よりも広くなる状態が連続

する場合に、眠気が発生した旨を示すトリガ

(以下「眠気トリガ」と記載)を出す判断

ステップ(S4~S8)と、前記眠気トリガが

出された場合に、居眠り予防のための警告を

発する警告ステップ(S9)とを含む。

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170203114832j:plain

 

 眠気の判断方法は、以下だそうです。

 

 「隣り合う心拍の時間間隔(以下「心拍間隔」

と記載)が、1拍分前の心拍間隔よりも広く

なる状態が連続する場合に、眠気が発生した

旨を示すトリガ(以下「眠気トリガ」と

記載)を出す」

 

そうで、

 

「前記所定回数は、4回以上であることが

好ましい。」

 

んです。 さらに、

 

  「判断ステップにおいて、心拍間隔が広く

なる状態が連続する場合であって、且つ、

前記所定回数のうちの初回の心拍間隔と、

最終回の心拍間隔との差が、所定時間を

超える場合に、前記眠気トリガを出す

ことが好ましい。」

 

さらに、

 

 「前記所定時間は、60ms以上である

ことが好ましい。  ここで心拍間隔として、

心電信号におけるR波とR波との間隔で

あるRR間隔を用いることが好ましい。 

前記判断ステップにおいて、前記心拍

間隔が、所定範囲を外れている場合に、

異常値とみなして、心拍間隔が広くなる

状態であるか否かの判断の対象から除外

することが好ましい。

  ここで前記所定範囲とは、200ms~

3000msであることが好ましい。」

 

んだそうです。

 

 ちなみに、ユニオンツールさんは、

「ユニオンツール株式会社」、設立が1960年、

本社が東京南大井、資本金29億9,850万円、

連結売上高25,115百万円、連結従業員数

1,397名で、本業は、産業用切削工具で、

プリント配線板用ドリルで世界シェア3割超の

首位(会社四季報)、生体センサ関連にも

手を伸ばし、以下のように、今回の居眠り

運転検知システムの発表もされています。

 

http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1429687&code=6278&ln=ja&disp=simple

 

 ちみに、生体センサ関連製品は以下と

なりますよ。

 

カタログ一覧::ユニオンツール株式会社