読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

ピンとくるパワー! 男の逞しさを!

 「ピンとくるパワー!

ピンとくる実感力!

男の逞しさを!」

 

 「朝から元気に!

あの頃みたいに奮い立つ気分!

朝からパワー全開で男として自信マンマンですよ!

59歳」

 

 「生涯現役!

趣味や交際に積極的になれる!

パートナーのためにも、100歳まで現役を貫きます!

77歳」

 

 「夫婦円満

活力が湧き上がるようで若者にも負ける気がしない!

私の逞しい姿に妻も喜んでいます!

69歳」

 

 「パワーに自信!

90歳近くになっても元気すぎちゃって困るぐらい!

高麗人参は私の秘密兵器ですよ!

87歳」

 

高麗人参の滋養パワーで、若々しい現役生活を!」

「これからもパワフルでいたい」

「男の自信を保ちたい」と思うことは

ありませんか?そんな方におすすめ

なのが、二千年の歴史を持つ滋養素材、

高麗人参。その高麗人参の有用成分

ジンセノサイドは、男性のたくましさを

芯からサポートするとして注目されて

います。神秘の健康力は、ジンセノサイド

の組成に着目し、特許を取得した成分

組成を実現。幅広い年代の方から「パワー

が違う!」と好評で、男性御飲用者数は

40万人を突破*しています。男として生涯

現役を目指す方は、是非一度はお試し

下さい。

*『神秘の健康力』シリーズを一度でも

購入された男性飲用者数(当社調べ。

20085月~20162月累計)

出荷ベース

 

「日本で一番売れてるんです!

8年連続売上No.1 1,500万個突破!」

 

 ということで、上の記載は、私が書いた

ものではなくて、新聞広告「高麗人参 

健康食品 神秘の健康力」、というもの

から転記したものです。

 

 ビックリマークがすごいでしょう?

 

 一つ一つの文章に必ずついており、

売れるためにはこれぐらいビックリマークを

付ける必要があるんですね。

 

 「ピンピン」とか、「男の逞しさ」とか

書いてあり、なんか、エッチな製品なのか?

と、つい買ってしまいそうですが、いざ知らず、

よく読んでみると、「別にエッチなことは

書いてありませんよー」、「購入者がその

ように推測するのは自由ですが、そんな

ことは一言も謳っていませんよー」、「健康

パワーがあふれると言っているだけです

よー」という広告なんですね。

 

 商標を調べると、登録5153575、標準

文字で、「神秘の健康力」、指定商品

「乾燥高麗人参,乾燥高麗人参の粉末,

高麗人参の抽出エキスを主原料とする

粉末状・顆粒状・錠剤状・液状・カプセル

状の加工食品」となっています。

 

 特許取得、と書いてありますので、特許

にはどんなことが書いてあるのかと調べると、

別に卑猥なことは書かれておらず、健康に

なりますよーとしか書かれてないんですね。

 

 特許は2つあり、両方ともPCT出願が

されており、特許5697121と、早期審査で

登録の、特許5748256、両方とも発明の

名称は、「ジンセノサイド組成物」で、

詳細な説明を見てみると以下のように

なっています。

 

【技術分野】

【0001】

本発明は、不定愁訴などの症状の改善に

有用な薬用人参由来のジンセノサイド

組成物に関するものである。

 

【背景技術】

【0002】

不定愁訴

不定愁訴」とは、何となく体調が悪いと

いう自覚症状があるが、検査をしても原因と

なる病気が見つからず、現代医学によっても

これといった有効な治療法がない症状を指す。

不定愁訴の代表的な症状は、疲労感、

食欲不振、不眠、手足の冷え、便通不調、

気の充実感の欠如、腰痛、肩こり、胃痛、

腹部膨満感、発汗、筋肉や関節のこわばり

などである。

 

【0003】

(薬用人参、特に高麗人参

-1-

近年、薬用人参の効果や効能が注目されて

おり、その中でも特に上記のような不定

愁訴に改善を示す高麗人参が脚光を浴びて

いる。高麗人参は、補完代替医療の代表格と

して世界的に期待されているということが

できる。

 

 ということで不定愁訴への実験結果の

有効性などが書かれており、別に、

「男性に限りますよー」などと一言も

書かれていないんです。

 

 この商品を販売しているのは、「金氏

高麗人参株式会社」、社長さんはキンさん

ではなくて、余淑恵さん、設立が2006年、

本社は京都市下京区、資本金8千万円、

事業内容は、高麗人参関連商品の通信販

となっています。

 

http://www.kouraininjin.com/sukoyaka/company/

 

 金氏高麗人参(株)研究開発室という

ページもありますね。

 

http://www.kouraininjin.net/

 

 上のページを見ても、卑猥な話は

載っていませんが、しかし、宣伝文句

だけを見ると、頭の中が卑猥なことだらけ

の王花陣は、間違って買ってしまいそうな

気がします??

 

 というのは、私だけ??

 

 ちなみに、私のほうでは、この新聞

広告にいちゃもんを付けているわけでは

なくて、特許を調べるために、この新聞

広告を転記しただけですので、念のため。

 

 特許を見ると、男性だけ限定とは謳って

いませんので、不定愁訴の女性の方も、

この商品を購入して大丈夫なのでは??

(例によって、私はアフリエィターでも

ありませんし、この商品の効能を保証する

ものでもありませんので、念のため。)

 

 尚、要約に、「ジンセノサイド」という

文言が含まれている特許出願公開を調べると、

ズラズラズラーっと75件出てきて、「非アル

コール性肝疾患又はインスリン抵抗性の

予防若しくは治療用組成物」、とか、「アミ

ロイドプラーク除去用組成物」とか、「肝疾患

予防又は治療用途」、「糖転移酵素及び

その用途」、「動脈硬化の予防又は治療用

組成物」、「高血圧、高血糖又は高脂血症

予防/治療」、等々、さすが、漢方薬成分

高麗人参というところです。

 

 と思ったら、今度は、小林製薬さんの、

 

EDICARE(エディケア)世界35か国の

販売実績 米国特許の凄い力」

 

100万箱突破」

 

「モニター価格 半額! 税込¥6,480

 

「すごい・・・」

 

「家内も驚いた、みなぎる男の活力」

 

という通信販売の新聞広告が出て

いますね。

 

 WEBを調べると、以下となっています。

 

EDICARE(ピクノジェノール(R)+アルギニン配合) | 小林製薬の通信販売

 

 2つの成分の組み合わせが、「米国で

特許」を取得しています、となっていて、

US6,565,861となっていますので、「おー、

小林製薬さんが米国で特許を持っている

のか。」と調べると、

 

なんと!

 

 これが、ISIS Innovation Limited

ARTIFICIAL TEAR FORMULATION

という、人工涙の全く違う特許なんです。

 

 「えー??ということで、調べると、

ホームページに載っている番号が間違って

いて、正確には、特許US6,565,851

Relieving symptoms of erectile

dysfunction with proanthocyanidins

プロアントシアニジンを含有した、

勃起障害軽減剤)と、これは、本当に?

「家内も驚かせる、みなぎる男の活力」

だったんですね。

(「商品は、中身が分からないようにお届け

します。」と書かれていますもんね。)

 

 とはいえ、なんか小林製薬さんが持って

いる特許のような書き方なんですが、

権利者は、スイスのHORPHAGで、

自社内で権利の譲渡はありますが、小林

製薬さんが権利を持っているわけでは

ないんです。

US特許の権利譲渡の調べ方は、

特許検索海外編のUS特許の調べ方で、

そのうち取り上げる予定です。)

 

 よく読むと、なるほど、小林製薬さんが

権利を持っている、とは一言も書かれて

いませんね。

(非常に小さい字で、「ピクノジェノールは、

ホーファーリサーチ社の登録商標です。」と

書かれていますので、小林製薬さんは、ホー

ファー(HORPHAG)社と提携して、単に、

実施権を取得して製造販売しているのか、

輸入販売しているだけなのかもしれません。)

 

 よく読まない私が、わるーごぜーましただ。

 

 それにしても、ホームページに間違った

特許番号を堂々と?載せていないで、直した

ほうが良いような??(余計なお世話ですが。)

 

 新聞広告を見てみると、小さい字で

特許番号が記載されており、新聞広告の

ほうは、正確な番号記載でした。

 

 ということで。