読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

ヘッドライトのハイ・ロービーム自動切り替えと、自動部分遮光システム

自動車自動運転分析

 この前、新聞に載っていましたが、最近は、

ヘッドライトのハイビームやロービームを

自動で切り替えてくれたり、LEDチップを

横1列に並べ、対向車部分のみ遮光して、

他の部分は明るくし、歩行者などに気を

配ることができるものがあるそうですね。

 

 私の家の車は10年以上前のものです

ので、もちろんこんなものはついておらず、

全く知りませんでした。

(と、いうのは私だけ??)

 

 最近はヘッドランプのLED化が進み、

このようなヘッドライトを小糸製作所

が力を入れており、マツダの多目的

スポーツ車SUV)、CX-3で採用して

いるそうです。

 

 なるほど、調べると、以下のように、

「アクティブ・LED・ヘッドライト

(ALH)」といい、LEDブロックを11分割

にしているそうで、ビームのハイ、ローの

自動切り替えは「ハイ・ビーム・コント

ロールシステム(HBC)」と呼ぶんですね。

 

【MAZDA】i-ACTIVSENSE|安全性能|CX-3

 

 新聞によると、対向車や前を行く車を

車載カメラで感知して、ヘッドライトが

届く先をきめ細かく自動制御するんだ

そうです。

 

 高速などでハイビームとロービームの

切り替えは結構めんどいものですが、

高速道路でも、郊外になると、まったく

街灯がなくて真っ暗なところがありますので、

めんどくても、切り替えざるを得ないわけ

でして。

 

 警察庁によると、夜間に発生した、車両と

横断中の歩行者との交通死亡事故は、

2015年に625件で、その96%がロー

ビームだったそうですので、我々も車を

運転するときは、特に気を付けねばなりま

せん。

 

 小糸製作所さんのこれらのシステムを

出願公開検索をおこなうと、ズラズラズラー

っと、沢山出てきますが、代表的なもので

内容を見てみましょう。

 

・ 特開2012-040887「撮像カメラ及びこれを

用いた車両検出装置とランプ制御装置」

 

【課題】

 撮像した他車両による光点を迅速に検出し、

他車両を眩惑しないヘッドランプ配光を得る

ための撮像カメラ、車両検出装置、ランプ制御

装置を提供する。

 

【解決手段】

 自車両の前方領域を複数の配光領域に

区画し、撮像カメラ1は各配光領域A1~A5を

それぞれ撮像する同数の受光素子PD1~PD5

を備える。車両検出装置は撮像した画像の

光点LDを検出し、光点を撮像した受光素子から

他車両が存在する配光領域を検出する。ランプ

制御装置は、他車両が存在する配光領域への

照明を減光ないし消光する配光制御手段を備

える。

 

f:id:oukajinsugawa:20170202121525j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170202121538j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170202121559j:plain

  

 この頃は、まだLEDチップ数が5個だったの

ですね。

 

・ 特開2017-13737「ランプの配光制御装置」

公開が2017年1月19日のほやほやです。

 

【課題】

 自動車の走行状況の変化に対応したレベリ

ング制御とスイブル制御を行なった場合でも、

ランプ配光を好適なパターン形状に保持する

ことが可能な車両ランプの配光制御装置を

提供する。

 

【解決手段】

 ハイビームランプ4とロービームランプ3を

備え、これらランプの配光を合成して所望の

配光での照明を行なうランプHLであって、

ロービームランプ3のレベリング制御又は

スイブル制御を行なうLSアクチュエータ6と、

LSアクチュエータを制御する電子制御

ユニット100を備える。電子制御ユニット

100はハイビームランプ4が点灯している

ときには、LSアクチュエータ6での制御を

停止又は制御量を抑制する。

 

f:id:oukajinsugawa:20170202121622j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170202121645j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170202121656j:plain

 

 

 ということで、このシステムは自動運転でも

必要になるでしょうし、自動運転でなくても、

低価格車にも是非採用できるようにして欲しい

ものです。