読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

Ig Nobel Prizes その3 数百万人の労働時間を仮想ペット飼育に転換

 たまごっち、はやりましたよね。

 

 どこの家でも、使わなくなった、たま

ごっちが、引き出しの隅とかに眠って

いるのではないでしょうか。

 

 たまごっちは、1996年11月に磐梯山

バンダイさんですね)から売り出され、

ネットで調べると、いまだに販売されて

いるようです。

(昔と違って、カラフルになっていますね)

 

Amazon.co.jp: たまごっち: おもちゃ

 

 たまごっちの商標登録は、株式会社

バンダイさんが38件、株式会社ウィズ

さんが2件ということで、1997年に、

ウィズ株式会社の横井昭裕さんと、バン

ダイ株式会社の真板亜紀さんが、

「diverting millions of person-hours of

work into the husbandry of virtual pets.」

ということで、イグ・ノーベル経済学賞

受賞しています。

 

 株式会社バンダイさんは有名ですが、

株式会社ウィズさんは、以下となり、

本社東京都台東区、設立1986年、

事業内容は、玩具製品企画・開発・生産

となっており、平成28年5月期の連結

売上高は5億9千2百万円でしたが、

平成28年の、株式会社バンダイナムコ

ホールディングスによる株券等の公開

買い付けにより、バンダイナムコの完全

子会社となったため、平成27年9月

27日に、上場廃止となっています。

 

株式会社ウィズ

 

http://www.wizinc.co.jp/ir/files/notice20160926.pdf

 

 ということで、たまごっちって、どんな

発明だったのかを調べてみましょう。

(拒絶となったものがわかるように、色分け

してありまが、色分けが間違っているのが

ありますが、すみません。)

 

f:id:oukajinsugawa:20170124094855j:plain

 

 発売が1996年11月とのことでしたが、

出願はそれより遅かったんですね。

 

 残念ながら、初期の特許出願は、拒絶と

なっており、クレームなどを見ると、拒絶と

なった出願を手直しして実用新案で登録

したようです。

(当時の審査情報はJ-PlatPatで見ることが

できませんが、拒絶用の引用文献が書かれて

いますので、発売を理由に拒絶となったのでは

なさそうです。(包袋を取り寄せれば当時の

審査情報を知ることができますが、その

気力はありません、です、はい。))

 

 ということで、出願順に、図面を貼り付けて

みましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20170124094929j:plain

 

 おー、なつかしいですね。

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170124094944j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095004j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095020j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095104j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095131j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095140j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095154j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095202j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095211j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095220j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095230j:plain

 

 中身は、こんなふうになっていたん

ですね。

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095032j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095317j:plain

 

 こんなキャラもあったのでしょうか?

 

 知ってました??

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095337j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170124095345j:plain

 

 ついに、携帯との連携もできるように

なったんですね。

 

 現在のたまごっちはどのように進化して

いるのでしょうか?

(残念ながら、私はこの手のゲームに疎い

ためよくわかりません。)