読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

温泉トラフグ、温泉スッポン、バナメイエビ、チョウザメ、ヒラメの養殖、あなたは、どの陸上養殖魚が好き?

oukajinsugawa.hatenadiary.jp

 

 この前、上のように、キッツさんの陸上

魚養殖について取り上げました。

 

 キッツさんでは、今回、陸上魚類養殖

プラントの遠隔監視水質管理システムを

開発したそうで、停電時に非常運転できる

機能も付けて管理人員の手間を軽減できる

ようにしたそうです。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11932960Q7A120C1000000/

 

 受注したのは、ハタ類を養殖している沖縄県

農林水産部栽培漁業センターからだそうで、

水槽内にセンサーを設置し、水温、溶存酸素、

塩分濃度、PH値などを常時計測、データを

専用クラウドサーバーに保管し、スマホなどで、

確認できるシステムとしているそうです。

 

 ちなみに、沖縄県農林水産部栽培漁業セン

ターの種苗生産(人為的な設備、環境下で

魚類などを育成し保護した後、 自然へ戻して、

漁業の促進を図る栽培漁業において、稚魚を

育てることですね。)対象種は以下となって

います。

 

種苗生産対象種の紹介/沖縄県

 

 陸上養殖は洋上養殖に比べ、天候の影響を

受けにくい利点があるため、キッツさんでは、

市場規模が現在の135億円から50年度に

5000億円規模に拡大するとみており(と、

新聞に書いてありました。)、新規養殖プラント

の導入には金額が嵩むため、すでにプラントを

操業する業者向けに、遠隔監視システムを

追加で取り付ける需要を喚起したいそうです。

 

 以下は、キッツさんの中期経営計画から抜粋

貼り付けさせてもらいました。

 

f:id:oukajinsugawa:20170123145723j:plain

 

 陸上養殖については、このほかにも、

北海道士幌町でのバイオガス廃熱利用の

トラフグ養殖、

 

士幌で,養殖実験中のトラフグ試食へ : 本別ブログ(ふるさと・東京本別会)

 

新潟県妙高市でのバナメイエビ養殖、

 

アイエムティーさんの室内エビ養殖 - 知財アナリストのひとりごと

 

 茨城県つくば市、日立太田市での

フジキンさんのチョウザメ養殖

 

チョウザメ事業|海の宝 ”超ちょうざめ”育成

 

 栃木県那珂川町での温泉を使った

トラフグ養殖

 

元祖温泉とらふぐの通信販売 [栃木県那珂川町]

 

 宮崎県綾町宮崎綾怪魚センターでの

ヒラメの養殖

 

宮崎綾海魚センター | レストラン フラウンダー

 

 海の魚ではないですが、青森県の七戸、

温泉かけ流し養殖の、温泉スッポン、東北

スッポンファーム

 

㈱東北すっぽんファーム 兜すっぽんオフィシャルホームページ

 

などなど、いろいろおこなわれています。

 

 ちなみに、温泉トラフグは、那珂川町

株式会社環境生物化学研究所から、以下の

ように、商標登録5301563となっています

ので、「とらふぐ(生きているものを除く。),

とらふぐを使用してなる加工水産物」、に

使うと怒られます。

 

f:id:oukajinsugawa:20170123150155j:plain