読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

パナさんの卵型卓上対話ロボ技術

 この前、レジロボ君を発表したと思ったら、

パナさん、今度は、卵型対話ロボを発表

しましたね。

 

news.panasonic.com

 

 動作を指示すると、子供のような声で

対応し、内臓プロジェクターを出したり、

インターネットに接続してくれたりするそう

ですが。

 

 商品化時期は未定だそうですね。

 

 この前のレジロボ君もそうでしたが、

このロボットも一つだけの技術で成り立って

いるわけではないのですが、対話形式に

ついての技術をパナさんの特許出願から

見てみると、特開2016-197227「対話方法、

対話プログラム及び対話システム」などが

あるんです。

 

f:id:oukajinsugawa:20170110162923j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170110162931j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170110162943j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20170110162959j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170110163008j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20170110163016j:plain

  

 この特許出願は、ハンバーガーショップの

ようなところでの対話の例となっていますが、

これらのシステム構成が基になって、今回の

対話ロボも構築されていくんでしょう。

 

 パナさん、今後、いろんな対話ロボを出して

来そうですね。

 

 ちなみに、今回のロボ君には名前がついて

いないようですが、今後つけるのでしょうか?

(パナさんでは、2016年5月19日出願の、

商願2016-054286「おはなしカメラ」というのも

ありますが。)