読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

ミズノさんのトップ選手用水着

 ミズノさん、来年の1月10日から、

オリンピックに出場するようなすごい

選手向けに、抵抗を軽減した「FX・

SONIC(エフエックス・ソニック)」と

いう水着を発売するそうですね。

 

 新聞によると、表面が凹凸な「SONIC

LIGHT RIBTEX(ソニック ライト 

リブテックス」という独自素材を使用

するそうで。

 

 まあ、オリンピックに出なくても、

全国大会出場を目指す選手向けだそうで、

表面に凹凸があることで、水との表面

摩擦抵抗を減らせ、通常の水着と比べ

9%程度の摩擦抵抗を減らせるそうです。

(県大会レベルの選手では、だめなんで

しょうか???)

 

 この水着では、SONIC LIGHT RIBTEXを

後腿部分に使い、下半身が沈みがちな

レース終盤でもタイムロスが少なくなり、

水着の他の部分には、ニット素材を使い、

着やすく動きやすくしているそうです。

 

 調べると、以下にあり、それぞれの

素材も書いてあります。

 

http://products.mizuno.jp/c/item/N2MG723096/034

 

 このような水着が出てきて、世界記録

連発などとなると、水泳連盟からダメ出しが

されたりするわけですが、現段階ではFINA

国際水泳連盟)承認済みと書かれています。

 

 どんな技術が使われているのかを特許から

調べると、以下の2つが出ており、両方とも

重要だったようで、早期審査で登録されて

います。

 

・ 特許6012817「水着」

 出願:2015年6月5日

 登録:2016年9月30日

 

【課題】

 表面摩擦抵抗が低い水着を提供する。

 

 請求項は13個ありますが。請求項の

1は以下のようになっています。

 

 「伸縮性と撥水性を有する生地から

なる水着であって、少なくとも一部に、

体長方向にストライプ柄を含み、

 前記ストライプ柄は凹部ストライプ部

と凸部ストライプ部を含み、

 前記凸部ストライプ部には独立した

凹部柄を有することを特徴とする水着。

 

f:id:oukajinsugawa:20161221081251j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161221081301j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161221081313j:plain

  

・ 特許6018337「ストレッチ織物及び

これを含むスポーツ用衣類と水着」

 出願:2015年3月18日

 登録:2016年10月7日

 

 こちらのほうは、より重要とみえて、

PCT出願されていて、公開番号WO2015/

151820となっています。

 

 「本発明のストレッチ織物(1)は、弾性糸を

含み、前記弾性糸は経糸(4)及び緯糸(5,6a,6b)

に配置され、前記ストレッチ織物はツー

ウェイ方向にストレッチ性があり、平織

部分(2)と二重織部分(3)とが交互に繰り返

されている。二重織部分(3)には弾性糸が

平織部分(2)に比べて多く配置され補強

されるため、ストレッチ性が高くなり、

着用し易くなる。また、平織部分が凹部で

あり、二重織部分が凸部であり、全体として

凹凸部が一方向に配列してストライプ形状

となる構造となるため、例えば水着にする

場合は前記ストライプ形状を身体の身長

方向に沿った位置に使用すると水流との

表面摩擦抵抗を低くできる。これにより、

ストレッチ性が高く着用し易く、かつ表面

摩擦抵抗が低いストレッチ織物及びこれを

含むスポーツ用衣類と水着を提供する。」

 

 こちらの特許が、実際に売り出す水着

FX・SONICのようですね。

 

f:id:oukajinsugawa:20161221081527j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161221081537j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161221081555j:plain

 

 ということで、東京オリンピックでは、

世界記録をバンバン出してもらいましょう。