読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

CuboRexさんのスケボーロボット、キューボード

ロボット分析

 長岡技術科学大学大学院の寺嶋瑞仁

さんが起こしたベンチャー「CuboRex」が、

来年4月に無限軌道ロボット(クローラ)を

応用し、砂利道や水たまりなどの悪路でも

走行できるスケートボードを発売する

そうですね。

 

 モーター走行ができるそうで、走り出し

と下り坂では自力走行、そのほかはモー

ター走行へスムーズに切り替わるそうです。

 

 日刊工業新聞によると、クローラユニット、

バッテリーなどのキットで、最低でも

45万円もするそうですが。

 

 まずの販売は、夏場のスキー場、アウト

ドア施設を考えているそうです。

 

 スキー場でのメリットは、草スキー用に

地面に敷くシートの張り換えがいらない

そうで。

 

 どんなものかというと、下のようなもの

だそうで、動画もありますね。

 

株式会社CuboRex

 

Cuboard(キューボード) | 株式会社CuboRex

 

 新聞によると、最初は、スケボー同様、

足でけり出して加速し、ベルト回転数と

モーター回転数が同じになると、モーターに

切り変わるんだそうで、バッテリーも積んで

いるんですね。

 

 どんな技術を応用しているのか特許

出願を調べると、クローラユニットが特許化

されており、特許5806370(特開2016-

022912)「履帯およびこれを備えたクローラ

ユニット」となっており、スケボーではない

ですが、以下のようになっています。

 

【課題】

 軽量でかつ簡易な構成の履帯を提供する

ことにより、履帯を含むクローラユニットや

移動ロボットの軽量化を図る。

 

【解決手段】

 本発明は、スプロケット32,33により

回転駆動される無端状の履帯30に関する。

履帯30は、回転方向に並ぶ複数の履板部

41と、履板部41よりも薄肉に形成され、

隣接する履板部41どうしを連結する屈曲

自在なヒンジ部42とを備える。履板部41

およびヒンジ部42は、合成樹脂により一体に

形成されている。

 

f:id:oukajinsugawa:20161206120212j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161206120228j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161206120236j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161206120245j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161206120254j:plain

 

  

 ということで、この技術を生かし、他の

ロボット開発などにも応用していくので

しょう。