読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

ナカプリバイン

知財トリビア

 先日、東京都中小企業知的財産シンポ

ジウムというのが東京のイイノホール

いうところであったため、「私も、酒ばっ

かり飲んでないで、どげんかせんといかん

ばい」(鹿児島の人が、このように言うか

どうか、わかりませんが)ということで、

勉強のために、上京してきました。

 

 内容は、妹尾先生の、「勝ち抜くビジネス

モデル、勝ち切る知財マネジメント」という

講演と、企業や大学の先生での「企業

価値を生み出す知財の活用について」と

いうパネルディスカッションでした。

 

 ここで、アンケートに答えたら、水平開きの

ノートを差し上げますと言っていましたので、

私も以前に、以下のように取り上げました

ので、実際のノートってどんなものなのだろう

と思い、思わずアンケートに記入してしまい

ました。

 

oukajinsugawa.hatenadiary.jp

 

 上を書いたときには、まだノートの名前が

ありませんでしたが、その後、ナカプリバインと

いう商標を登録したんですね。

 

 ナカプリバインの商標についても書いたことが

ありますが、念のため再度書いておきましょう。

 

・ 登録5786704

 「製本,印刷,製版,印刷・製版・製本に

関する助言及び情報の提供,印刷用機械器具の

貸与及びこれに関する情報の提供」

 

f:id:oukajinsugawa:20161203140424j:plain

 

 これは、上のように、サービスの商標登録と

なっていますので、他を調べると、以下のように

なっています。

 

・ 登録5856734「水平開きノート」

 「ノート,ノートブック,冊子,紙類,印刷物」

 

・ 登録5883433「おじいちゃんのノート」

 「ノート,ノートブック」

 

・ 登録5883434「下町ノート」

 「ノート,ノートブック」

 

・ 商願2016-087332「水平綴じ」

 「印刷,製本,印刷・製版・製本に関する

助言・指導及び情報の提供,印刷・製版・

製本の媒介又は取次ぎ」

 

 ということで、早速もらって来たノートを

調べてみましょう。

 

 ノートの大きさの種類は、A4とかB5

とかもあるようですが、今回もらった

ノートは、以下のように、A5のものでした。

 

f:id:oukajinsugawa:20161203140543j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161203140616j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161203140635j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161203140656j:plain

  

 字が小さくて見えにくいかも知れませ

んが、上のように、裏表紙に、「東京都

中小企業振興公社ニューマーケット開拓

支援事業の支援対象製品(技術)です」

と書かれており、今回の主催者は、東京都

中小企業振興公社でしたので、だから

今回配っていたんですね。

 

 ということで、ページを1ページづつ切り

離すことも、簡単にできるそうで、私もこの

1冊を、大事に使わせていただきましょう。