読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

AIの特許技術は、どのようにして調べればいいんですか? その1

 日経トレンディによる「2017年ヒット予測

ベスト30」によると、1位は、買い物から

家電の操作までが、声でできるようになる、

「ノールックAI家電」だそうですね。

 

2017年ヒット予測、1位は「ノールックAI家電」 (4ページ目):日経ビジネスオンライン

 

 最近は、なんでもかんでも、「AI」や「IoT」と

いう言葉をくっつけて、「テクノロジーが進化

してるんだぞ。」と、わざわざ思わせているの

では?と穿った見方をしているのは私だけ?

(ちなみにAI:Artificial Intelligence 人工

知能、IoT:Internet of Things モノのインター

ネット)

 

 まあ、テクノロジーはすごい進化をしている

のは間違いないのだと思いますので、特許庁

さんも、平成26年度特許出願技術動向調査

で、「人工知能技術」を調査しています。

(正確には、特許庁が調査しているわけでは

なく、特許庁から委託を受けた、調査会社が

調査しているわけですが。)

 

https://www.jpo.go.jp/shiryou/pdf/gidou-houkoku/26_21.pdf

 

 詳細は、調査レポートを読んでいただくと

して、今回は、この調査は、どのように特許

出願などを検索して、分析しているのか?と

いうのを書いてみましょう。

 

 まずは、この前、IoTについて、特許庁で、

広域ファセット分類記号というのを新設し、

日本の特許文献に対し、横断的に検索を

おこなえるようにした、ということを書き

ましたが、もしかして、Aiもこのファセット

分類記号というのがあるのか?というと、

残念でした、以下のように、そんなものは

ありません。

(以下は、私のほうで、抜粋編集しています

ので、正確には、URLの広域ファセット

一覧を見てください)

 

https://www5.j-platpat.inpit.go.jp/pms/tokujitsu/pmgs/PMGS_GM301_BroadFacet.action

 

・ZAA 超伝導

・ZAB 環境保全

・ZBP ・生分解性ポリマー

・ZCC コンビナトリケミストリー

・ZDM 人間の身体の各器官の構造・機能の計測

・ZEC 電子商取引

・ZHV ハイブリット自動車

・ZMD 用法又は用量に関する医薬発明

・ZNA 核酸/アミノ酸配列

・ZNM ナノテクノロジー

ZTD 生体分子の立体構造

・ZYW 車両のヨー方向運動制御

・ZYY ・車両の挙動制御

 

 それでは、どのように調べているんだ?と

いうと、IPCでのコンピューター関係のG06

というものの中に、G06N「特定の計算モデル

に基づくコンピュータ・システム」というのが

あるんです。

 

 これは、以下のようになっています。

(こちらも、私のほうで編集しています。)

 

IPC G06N

・3/00 生物学的モデルに基づくコンピュータ・システム

・3/02  ・ニューラル・ネットワーク・モデルを用いるもの 

・3/04  ・・アーキテクチャ, 

・3/06  ・・物理的な実現,すなわち,ニューラル・ネットワーク,

     ニューロンニューロン構成要素のハードウェア実装

・3/063  ・・・電子的手段を用いるもの 

・3/067  ・・・光学的手段を用いるもの  

・3/08  ・・学習方法  

・3/10  ・・汎用コンピュータでのシミュレーション  

・3/12  ・遺伝的モデルを用いるもの  

・5/00  知識ベースモデルを利用したコンピュータ・システム 

・5/02  ・知識の表現  

・5/04  ・推論方法または装置 

・7/00  特定の数学的モデルに基づいたコンピュータ・システム

・7/02  ・ファジー論理を用いるもの  

・7/04  ・・物理的な実現  

・7/06  ・・汎用コンピュータでのシミュレーション 

・7/08  ・カオス・モデルまたは非線形システム・モデルを用いるもの

・99/00  このサブクラスの他のグループに分類されない主題事項

 

 機械学習ディープラーニングなどに

関係する、「学習方法」などというものも

ありますね。

 

 長くなるので添付はしませんが、日本

独自のFIのほうは、さらに細かく分かれ

ています。

(残念ながら、Fタームは、テーマコード

だけはあるのですが、Fタームには、

まだ分類されておりません。)

 

 ちなみに、海外の特許分類コードは

どうなっているのか?というのは以下の

ように調べることができます。

 

http://www.jpo.go.jp/cgi/cgi-bin/search-portal/narabe_tool/narabe.cgi

 

f:id:oukajinsugawa:20161115100917j:plain

 

 途中でカットしてしまいましたが、EPO

USで取り入れられたCPCよりも、FIの

ほうが細かく分かれています。

(左がIPC、真ん中がFI、右側がCPCです)

 

 US特有の分類記号USPCは以下のように

調べましょう。

 

USPC-to-IPC Reverse Concordance

 

f:id:oukajinsugawa:20161115100952j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161115101001j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20161115101011j:plain

 

 上のハイパーリンクをクリックすると、

それぞれの技術分類の説明を見ることが

できます。

 

 続く。