読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

琳聡堂さんのHOTデシュランですか? それとも携帯ボトル浄水器?

 この前、ぶらり途中下車の旅というテレビ

番組で、琳聡堂さんを取り上げていました。

 

 琳聡堂さんは世の中にないオリジナル商品を

開発しており、ペットボトルにつけられる、世界

最小の浄水器(と、社長さんが言っていました)

「携帯ボトル浄水器RJ-1」や、ご飯が炊ける

お弁当箱、「HOTデシュラン2」などを紹介して

いました。

 

 お弁当箱は、無洗米を入れて水を入れると、

30分で炊き上がり、上に載せたおかずも温

まっているというもので、税込み9,800円だ

そうです。(携帯ボトル浄水器RJ-1は、税込み

3,240円)

 

 会社などに置いておいて、毎日おかずだけを

持って行けばいいし、炊き立てあったかご飯を

食べられるというのは、意外に優れものでは?

(私は、琳聡堂さんの回し者ではありませんので、

念のため)

 

 琳聡堂さんの企業名は、「株式会社琳聡堂」、

創業平成18年、本社は東京の板橋区中板橋、

資本金5,000万円、事業内容は、アイデア商品

販売/小物、ノベルティー商品販売/オリジナル

製造販売、となっています。

  

http://www.rinso-do.jp/

 

 お弁当箱はご飯を炊くだけでなく、肉を焼く

などもできるそうですよ。 

 

 それでは、どんな技術を使っているのか、

特許などを調べてみましょう。

 

・実登3183081「簡易浄水器

【課題】

 携行が可能で、ペットボトルや水筒等の容器に

汲んだ水道水等の対象水の浄化をすることが

できる簡易浄水器を提供する。

 

【解決手段】

 筒体の内部略中央に浄化層3を固定し、前記

した筒体の浄化層3を挟む開口には水収納用

容器の口部あるいは飲み口12部材を着脱

自在に装着可能としてあることとし、前記した

浄化層3は活性炭粒子と抗菌セラミック粒子と

より成り、パッキンで気密に保持されている

こととし、また、前記した容器の口部あるいは

飲み口12部材の着脱として、筒体の内面に

雌ねじ5、6が形成されていることとし、前記

した筒体の一方側の開口外周に蛇腹構成

として伸縮自在の漏斗部材7を備えている

こととし、コップを兼用するケース内に収納

されることとし、前記した浄化層3の少なくとも

一次側に永久磁石によるゲートを形成して

あることとする。

 

f:id:oukajinsugawa:20161030104536j:plain

 

 防災用に買っておいてもいいですね。

 

・ 特許5711034「調理装置」(特開2012-225606)

【課題】

 炊飯機能を有し、弁当容器としても使用できる

調理装置として従来のものは、加熱調理できる

副食容器も一つに限られ、その他の付随的機能は

有しないものとなっている点である。

 

【解決手段】      

 加熱部とその加熱部の上方に被冠されるケー

シングカバーとを有し、前記した加熱部上には

炊飯用釜もしくはフライパンを載置可能とし、

炊飯用釜の場合、その上面開口縁に形成

された段部に副食の加熱調理用容器を一つ

または複数個掛け置き可能とし、炊飯用釜を

用いての炊飯時に発生する高温蒸気で副食の

蓋付き加熱調理用容器を加熱することとする。

 

f:id:oukajinsugawa:20161030104703j:plain

 

下が炊飯器で、上の2つがおかずと

なっています。

 

 屋外等のコンセントがないところでも

使えるように、以下は、現在開発中の

バッテリー駆動のお弁当箱です。

 

・ 特許5985923「加熱調理装置」(特開2014-033752)

【課題】           

 従来の炊飯を可能とした加熱調理装置に

あっては商用電源を必要としているため、

コンセントの無い場所では使用が不可能と

なってしまう点であり、また、蒸気が噴き

出すことによって、水滴も生じ、それに起因

して火傷等の事故を生じてしまう虞を有して

いるという点である。

 

【解決手段】

 着脱もしくは開閉を自在とした蓋体を有す

る本体ケースにバッテリーを装備し、かつ、

伝熱材で成形され、複数室に区分された

加熱ボックスを内蔵し、その複数室のうち

一つは炊飯釜がセットされ、他室には

副食加熱用の鍋がセットされており、

前記した炊飯釜のヒーターは前記バッテ

リーと電気的に接続されるとともに、

加熱用の鍋の底面に配される熱プレート

には、前記加熱ボックスから炊飯の

余熱が伝熱されることとする。

 

f:id:oukajinsugawa:20161030104755j:plain