読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

Sマシンさんの、「つゆ・ダシます」や「ダッシー」って、どんな特許なんですか?

 この前、がっちりマンデーで、大阪に

ある、Sマシン株式会社を取り上げて

いました。

 

 この会社は、そばやうどんの「だし」を

作る機械を発明し、この「だしマシーン」が、

富士そばや、金比羅製麺で活躍している

とのことでした。

 

 Sマシンさんは、以下のURLとなり、

地域別設置状況や、業種別納入実績

なども書かれていますが、このSマシン

さん、設立は平成16年、資本金 1,000

万円、従業員数(総勢?)3名、業種は、

厨房機器製造販売、売上高が1億円

となっています。

(売り上げは、テレビで放送していたもの

です。)

 

http://www.smachine.jp/

 

 HPでは、主な取引先は、グルメ杵屋

はなまる、平和堂、Jフロントフーズ、NRE

JR東日本吉野家、ニチワ電機株式会社、

ヤマキ富士そば、株式会社小田急レストラン

システム、(株)ゼンショーホールディングスで、

業務内容が、専門店、事業所給食、高速道路の

SA、PAに等にマシンを使用して、つゆ、

ダシをとるシステムを提案し、販売する、

となっています。

 

 テレビの説明では、まずは、粉末のもとを

セットし、お湯を注げば完成で、1時間で

最大160杯分のそば・うどんのつゆを作る

ことができ、1号機の名前が「つゆ・ダシます」、

2号機が「ダッシー」で、2号機のほうは、

世界で初めての、「圧力差抽出」というのを

使っているそうです。

 

 HPページでは、それぞれの特許番号が

書かれていますので、それぞれを、見てみま

しょう。

 

・ 「つゆ・ダシます」

  特許4010421「だし抽出装置」

【課題】

 構成がコンパクトにして、美味しい調理用

つゆを効率良く製造することができる調理用

つゆ製造装置の提供。

 

【解決手段】

 この調理用つゆ製造装置は、水を貯留する

水タンク1と、水タンク1に貯留されている水を

ヒータ部3に送るポンプ2と、水タンク1から

送られてきた水を加熱するヒータ3と、ヒータ部

3で加熱された熱湯を前記水タンク1に戻す

経路または抽出部5に送る経路に切り替える

切替弁V1と、だし材料からだしを抽出する

抽出部5と、かえし汁を貯留する貯留部6と、

抽出部5から送られただし汁と貯留部6から

送られたかえし汁とを混合した調理用つゆを

蓄える保温タンク7と、調理用つゆの製造を

制御する制御部8とを備えている。

 

f:id:oukajinsugawa:20161011132556j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161011132622j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161011132638j:plain

 

・ 「ダッシー」

  特許4702896「飲食用液体製造装置」

【課題】

 本発明は、簡易な構成にして、装置の小型化、

製造コストの低減、商品電力の低減、および

容易なメンテナンスを実現することができる飲食

用液体製造装置の提供を課題とする。

 

【解決手段】

 粉末状原料Fが収容されるとともに、複数

の細孔が穿設されたフィルタ26が底部21aに

設けられた第1の容器21と、第1の容器21内に

収容された粉末状原料Fに熱湯を噴射する熱湯

噴射部22と、第1の容器21の底部21a裏側に

設けられ、容器内が第1の容器21内とフィルタ

26を介して連通されるとともに、容器内の飲食用

液体を吐出するための吐出口23cが設けられた

第2の容器23と、第2の容器23の吐出口23cに

連通する態様で設けられ、第2の容器23内の

飲食用液体の吐出または停止を行うための

吐出弁32とを備える。

 

 先ほど記載した、「圧力差抽出」というのは、

以下に書かれています。

 

【0009】

 これによれば、第2の容器内の空気層の圧力

変化に伴って、第1の容器内の飲食用液体を

フィルタを介して吸引して、装置外に取り出す

ことができる。このため、従来の装置に設けら

れていたような撹拌部材を第1の容器内に設け

る必要がなくなり、簡易な構成にして、装置の

小型化、製造コストの低減、商品電力の低減、

および容易なメンテナンスを実現することが

できる。

 

f:id:oukajinsugawa:20161011132716j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161011132755j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161011132818j:plain

 

 登録はこの2件だけですが、これ以前に、

特開2005-151861「調理用つゆ製造装置」、

特開2005-194800「だし抽出装置」という

出願があり、これらの発明から、「つゆ・

ダシます」と「ダッシー」に、昇華したの

でしょう。