読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

特許検索海外編 15 LENSで、自動車眠気判定方法を分析してみよう その4

 前回の続きで、それでは、日本だけを

分析したい場合や、2010年だけ、はた

また、トヨタさんだけ、一つのIPCだけ、

とかを調べたい場合などは、どうすれば

いいんだ?というと、前回のマップを

表示させて、クリックするだけで、

再検索をして表示させてくれます。

 

 たとえば、日本への出願だけを分析

したい場合、まず、出願国マップを表示

させ、日本をクリックすれば大丈夫です。

 

f:id:oukajinsugawa:20161005092909j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20161005092935j:plain

 

 日本をクリックすると、以下のように

再検索結果が出てきます。(方法は、

これだけでなくて、「Refine Search」

でおこなえるのですが、これはそのうち

書きましょう。)

 

f:id:oukajinsugawa:20161005093819p:plain

 

 分析マップを表示させたい場合には、

先ほどと同じようにすればよいですし、

内容を見たい場合には、上の四角で囲った

「Result Table」マークをクリックしま

しょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20161005093858j:plain

 

 ということで、今回の目的の、どんな

企業が研究してるんだ?というのは、

日本では、以下のようになっています。

 

f:id:oukajinsugawa:20161005093943j:plain

 

 1位はトヨタさん、次に日産、デンソー

豊田中研、アイシン、いすゞマツダ

デルタツーリング、富士通さんと、

やはりほとんど、車メーカーさんが

研究に勤しんでいるようです。

 

 というようにして、さらに詳しく

調べたり分析していくことができます。

 

 今回は、期間を指定しませんでしたが、

期間を指定しても検索できますので、是非

どうぞ。

 

 尚、このLENSは、タイミングにも

よりますが、ある程度のタイムラグがあり

ますので、直近の公開日を見て、タイムラグ

があるようなら、espacenetやパテス子さん

(Patentscope)、各国特許庁DBも併用致し

ましょう。

(今回の検索結果のタイムラグは、1か月弱

でした)

 

 また、このLENSは、一回こっきりで

検索結果がなくなってしまうとことのない

ように、結果の保存もできますので、

この方法は、そのうち書いてみましょう。

 

  ここまで、いろいろ書いてきましたが、

「何かおかしくないか?」と気づいた方が

お出でではないでしょうか?

 

 「今回、出願も登録も全部指定してるけど、

それはどういうふうに検索されているんだ?」と

疑問に思われた方は、すばらしい!!

 

 全指定したときには、同じ文献の場合、

公開で1件、登録でさらに1件とダブル

カウントされてしまい、両方が表示され

てしまいます。

(ファミリーでは、トータル1件として並べ

替えてくれます。)

 

 試しに、日本だけで、公開と登録を

別々に検索し、さらに公開+登録も検索

すると、

公開:880件/ファミリー873件

登録:419件/ファミリー415件

公開+登録:1299件/ファミリー933件

となっています。

(分析で使った日本の件数は、公開と

登録のほかにも検索をしているため、

数は1299件より多くなっています。)

 

 したがって、分析をする場合には、

ダブルカウントさせないようにする

必要があります。

 

  The Lensは、最初からFamily単位で

検索をすることが可能ですので、

実際は、Family単位検索をすればダブル

カウントは防げます。

(ただし、この場合でも、マップは1件

単位でのマップとなりますので、Family

単位のマップを表示させるには、一工夫

必要です。これはそのうち紹介しま

しょう。)

 

 ということで、最後に、海外フリー

検索データベースの特徴をまとめて、

おしまいにいたしましょう。

(このほかにも、各国DBがあります。 

色付けしたところはメリットです)

 

f:id:oukajinsugawa:20161006130632j:plain

 

 上の表で、記憶違いで、間違って

いるところがありましたらごめんな

さい。

 

 もし、間違っているところに後で

気がつきましたら、後で直しますので、

「そうじゃねーぞ。」という方がいま

したら、清き、ご一報??をお願い

します。

 

 次回は、プラピさん(J-PlatPat)と、

LENSでの検索数などを比較してみま

しょう。

 

 それではまた。