読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

パテントマップ特許情報分析スキンケア編 2  FIメイングループの内容

スキンケア分析

 前回は、FIでざっくりと状況を見てみま

したが、今回は、FIサブクラスのA61K、A61P、

A61Qの内容を調べて行きましょう。

 

 まずは、A61Kをプラピ(J-PlatPat)さんの

PMGS(パテントマップガイダンス)のFIハンド

ブック、で見てみると、以下のようになります。

(長いので、編集しています)

 

 ・6/00 歯科用製剤[3]

 ・8/00 化粧品あるいは類似化粧品製剤[8]   (注)/(索引) 

 ・9/00 特別な物理的形態によって特徴づけられた

   医薬品の製剤

 ・31/00 有機活性成分を含有する医薬品製剤[2]

 ・33/00 無機活性成分を含有する医薬品製剤[2]

 ・35/00 構造未知の物質またはその反応生成物を含有する

    医薬品製剤[2]

 ・36/00 藻類,地衣類,菌類もしくは植物またはそれらの

      派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤[8]

 ・37/00 蛋白物質 リポイドまたはそれらの誘導体を含有

    する医薬品製剤

 ・39/00 抗原または抗体を含有する医薬品製剤[2]

 ・41/00 波動エネルギーまたは粒子線で物質を処理することによって

    得られる医薬品製剤[2]

 ・43/00 放射性物質を含有する医薬品製剤

 ・45/00 A61K31/00〜A61K41/00に属さない活性成分を

    含有する医薬品製剤[2 , 6] 

 ・47/00 使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に

    特徴のある医薬品製剤 [2]

 ・48/00 遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入

    する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療[5]

 ・49/00 生体内試験のための製剤

 以下、省略。

(一番後ろの数字は、IPCの何版で組み入れ

られたかを示し、何も書かれていないものは

最初からあるものです。(現在は第8版です))

 

 ということで、8/00の(注)というのを

クリックしてみると、以下のようになります。

 

・8/00 化粧品あるいは類似化粧品製剤[8]

化粧品または類似化粧品製剤の使用は,サブクラスA61Qにも分類する。[8]

 

 サブクラスA61Qにも分類すると書かれて

いますので、A61Qも見てみると、以下のように

なっています。

 

・1/00 メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの

   除去剤[8]

 ・3/00 マニキュアまたはペディキュア剤[8] 

 ・5/00 毛髪手入れ用製剤[8] 

 ・7/00 発毛促進あるいは発毛抑制をする剤[8] 

 ・9/00 除毛剤,または除毛補助剤[8] 

 ・11/00 歯,口腔または入れ歯の手入れ用製剤,

    例.歯磨剤,練り歯磨き;口内洗浄剤[8]

 ・13/00 香料用の製剤または添加剤(精油または香料

    それ自体C11B9/00)[8]

 ・15/00 制汗剤または身体の防臭剤(空気の脱臭用品

    A61L9/00)[8]

 ・17/00 防護剤;外部の影響,例.日光,X線もしくは

    他の有害光線,腐食物質,バクテリア,または

    こん虫の針,から防護するため皮膚に直接接触

    させる製剤[8]

 ・19/00 スキンケア剤[8]  

 ・90/00 このサブクラスの他のグループには分類されない

    特殊用途のための化粧品または類似化粧品製剤

    [2009.01] (注)/(索引) 

 

 ということで、A61Qは第8版以降に組み

入れられたもので、A61Qは用途で、A61Kは、

材料で分けられているのがわかります。

 

 それでは、A61Pはどうかというと、

以下のようになっています。

 

・1/00 消化器官,消化系統の疾患治療薬[7]

 ・3/00 代謝系疾患の治療薬(血液,細胞液のための

   ものA61P7/00)[7]

 ・5/00 内分泌系疾患の治療薬[7]

 ・7/00 血液または細胞外液の疾患の治療薬[7]

 ・9/00 循環器系疾患の治療剤[7] 

 ・11/00 呼吸系疾患の治療薬[7]

 ・13/00 泌尿器系疾患の治療薬(利尿剤A61P7/10)[7] 

 ・15/00 生殖,性関連疾患の治療薬(性ホルモン疾患は

    A61P5/24);避妊薬[7] 

 ・17/00 皮膚疾患の治療薬[7] 

 ・19/00 骨格系疾患の治療剤[7] 

 ・21/00 筋または神経筋系疾患の治療薬[7] 

 ・23/00 麻酔薬[7]

 ・25/00 神経系疾患の治療薬[7] 

 ・27/00 感覚器系疾患の治療剤[7] 

 ・29/00 非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.

    抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)[7]

 ・31/00 抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤[7]

 ・33/00 抗寄生虫剤[7] 

 ・35/00 抗腫瘍剤[7] 

 ・37/00 免疫またはアレルギー疾患の治療薬[7] 

 ・39/00 一般的保護剤または解毒剤[7] 

 ・41/00 外科的療法において使用される医薬,

    例.癒着防止剤または硝子体代替物[7] 

 ・43/00 グループA61P1/00〜A61P41/00に

    展開されていない特殊な目的の医薬[7]

 

 ということで、A61Pは、第7版で組み

入れられて、体のどこの治療薬なんだ?と

いうので分けられています。

 

 と、長々調べて来ましたが、これは、

それぞれのサブクラスにはどのような

グループがあるのか確かめるために貼り

付けたもので、先に、以下の注を見れば、

内容がわかります。

(注をクリックすると、長いので、注は貼り

付けていません)

 

・A61K 医薬用,歯科用又は化粧用製剤(薬物を特定の物理的

   または投与形態に変化させるのに特に適合した装置または方法

   A61J3/00;空気の脱臭用品,殺菌または消毒用品,あるいは

   包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用品のための物質の

   使用又は化学的事項A61L;石鹸の組成C11D) (注)/(索引) 

・A61P 化合物または医薬製剤の特殊な治療活性[7] (注)/(索引) 

・A61Q 化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用[8] (注)/(索引)

 

 ということで、スキンケアに対しては、スキン

ケアだけでなく、さらに広く、FIグループとしては、

A61Q15/00 の制汗剤または身体の防臭剤、

A61Q17/00 の防護剤;外部の影響、

A61Q19/00スキンケア、

A61P17/00皮膚疾患治療薬、

の4つで分析してみましょう。