読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

FREELY、自在に曲げて、マッサージ

知財トリビア

 的場電機さんの、自在に曲げることが

できる、家庭用電気マッサージ器という

のがあるんです。

 

FREELY - ハンディマッサージャー - 健康機器 - 株式会社 的場電機製作所

 

 4個のもみ玉が同期振動するそうで。

 

 この的場電機さん、従来型に比べ、

外観を簡素化し、実勢価格を消費税込み

2万円前後に抑えた「フリーリータッチ」

というマッサージ器を、9月の7日に

発売するという記事がでていますね。

 

初年度は2万台程度の販売を見込んで

いるそうで。

 

 自在に曲がるので、全身各部にフィット

させてマッサージできるのがキモだそう

ですよ。

(私は、新聞記事をそのまま書いている

だけで、私のほうで、取り扱いの安全性を

保証するものではありませんので、念の

ため)

 

 ということで、的場電機さんの特許出願

公開を調べると、昔からマッサージ器を

手がけており(出願書類では「機」となって

います。)、そのほかにアクチュエータや

モータ駆動装置などがあるのですが、

プラピ(J-PlatPat)で調べると、31件の

出願に対し、2件だけの登録で、この

登録の中に、発売しているマッサージ器が

入っており、しかも早期審査を請求して

いますので、このマッサージ器に、いかに

力を入れたのかがわかります。

 

 それでは、この特許を見てみましょう。

 

 特許ナンバーは4986090、発明の名称が

「フレキシブルマッサージ機」、要約は

以下のようになるんです。

 

【課題】

 手に持って手軽な操作で身体の肩部、

首部、背部、腰部、脇の下部等の所望

部位をマッサージすることが可能であり、

マッサージをしたいと望む身体部位に

対して簡単な操作で押圧力を作用させ

ながら、押圧力の調整を行うことが

できるフレキシブルマッサージ機を

提供する。

 

【解決手段】

 複数の振動子を配設すると共に、

各振動子の両側に形成した開口部間の

内部には一対のベアリング支持部が

形成され、夫々のベアリング支持部に

設けられた一対のベアリングの間には

アンバランサが設けられ、このアンバ

ランサとその両側のベアリングにおいて

同軸をなす軸受部が各振動子間において

フレキシブルシャフトで連結されると

共に、フレキシブルシャフトの保護管の

端部を各振動子の開口部に結合し、

該フレキシブルシャフトの全長の一端を

取手部材に回動自在に結合する一方、

フレキシブルシャフトの全長の他端を

取手兼用ケースに収容したモータに

結合した。

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144622j:plain

f:id:oukajinsugawa:20160901144633j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144641j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144649j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144657j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144704j:plain

 

 ということで、商標登録は5804011の

「Freely」となっていて、このマッサージ器

のほかにも以下のような商標登録がある

んです。

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144751j:plain

 

 的場電機さんは、Freelyではないですが、

以下のようなマッサージ器の意匠登録も

ありますよ。

 

f:id:oukajinsugawa:20160901144807j:plain

 

 的場電機さんの正式名称は、「株式会社

的場電機製作所」、設立1962年、資本金

7,972万円、社長さんは的場さんか?と

いうと、いざ知らず、社長さんは廣澤さんで、

本社が埼玉県川越市の的場2627番地に

あるので的場電機製作所、取扱品目はモータ、

アクチュエータ、メディカル機器、OA関連

機器、住宅関連機器、健康機器、となって

おり、もともとは小型モーターの製造でし

たので、この強みを生かしたコンスーマー

製品の開発をおこなったんですね。