読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

特許検索海外編 10 Patentscopeって何ができるんですか? 概要その5

海外特許検索

 それでは、何ができるのか、さらに調べて

行くとして、また、以下から、パテス子

(Patentscope)さんに入りましょう。

 

https://patentscope2.wipo.int/search/ja/search.jsf

 

 オプションをクリックすると、並び替えや、

グラフ化、設定などができるわけですが、

並び替えやグラフ化は、検索後にできる

作業項目ですので、試しに、何か検索を

して、作業をおこなってみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171411j:plain

 

 検索は、以前に検索した「skyrmion」でやって

みましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171431j:plain

 

 そうすると以下のようになり、今度は、

オプションが使えるようになり、並び替えの

ほうは、「日付順」か、キーワードに関連する

「関連性順」で並び替えをおこなうことが

できます。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171451j:plain

 

 ちなみに、並び替えなどは、以下のところ

にもありますので、これは、そのうち、

画面の見方で詳細を調べましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160617091828j:plain

 

 次は、グラフのほうをクリックしてみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171509j:plain

 

 そうすると、表とグラフにすることができる

のがわかるのですが、表や、グラフをクリック

すると、表やグラフにしてくれるのか?という

と、さにあらず、実は、結果分析というのを

クリックしないとダメなんです。

 

 おもしろいでしょう??

(「別におもしろくもなんともねーよ」、という

意見はスルー致しましょう。)

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171559j:plain

 

 そうすると、以下の画面になります。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171613j:plain

 

 上は、表オプションで、出願国、IPC、

筆頭発明者、筆頭出願人、公開年などが

わかります。

 

 この表オプションでは、どれがどれなんだ?

というのをすぐ探すことができ、試しに、H03B

をクリックすると、H03Bだけに絞ってくれて、

国名、IPC、発明者名、出願人、公開日なども

変化しているのがわかります。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171732j:plain

 

 優れもんでしょう??

 

 ということで、今度は、例えば、グラフを

円グラフにして、筆頭出願人を調べると、

以下のようになります。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171758j:plain

 

 優れもんでしょう??

 

 尚、いちいち、どれがどの出願人なんだ?と

右側を見なくても、マウスのカーソルをグラフの

上に置くと、どの出願人か、何%の占有率か?

というのがわかります。

 

f:id:oukajinsugawa:20160616171952j:plain

 

 優れもんでしょう??(しつこいですね。)

 

 ということで、さらに続く。