読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

DeNAの無人運転バスEZ10と、EasyMile社詳細

 

 ディー・エヌ・エーで、無人運転バスを

走らせるということで、話題になっています。

 

 このバスはDeNAさんのものではなくて、

フランスのベンチャーEasyMile社のEZ10と

いうバスですが、報道では、このEasyMile社や

EZ10については詳しく書かれていませんので、

EasyMile社と、EZ10について、詳しく調べて

みましょう。

 

 EasyMileは、自動車メーカーLigier Groupと、

サービスロボットのRobosoft社とのジョイント

ベンチャーです。

 

 Ligier Groupは、自動運転乗客サービスを

開発しており、シャーシ、車体デザイン、

ハード生産、メンテナンスなどに秀で、

Robosoftは、30年以上に渡り、サービス

ロボットのデザインや組立開発をおこなって

おり、この30年間で乗客・商品輸送、支援、

病院施設のロジステックス、自動クリーニング、

監視、軍需など様々なビジネスアプリケー

ションに応じ、1000種類にも及ぶロボット

開発をおこなっており、2008年からは

ヨーロッパでの遊園地内での自動運転シャトル

ソフトウエア開発をおこない、今までに、150万人

以上の輸送実績となっています。

 

 EasyMile社は、これら両方のノウハウを結集

させ、スマートモビリティーの開発をおこなって

おり、開発されたサイバーカーのEZ10の

マーケッティング、メンテナンスをおこなって

います。

 

http://easymile.com/about-us-2/

 

Easymile | Driverless transportation for the last mile

 

 EZ10の運転システムは3種類あり、

決められた時刻表に沿って、決められた各

停留所に停まり、そこで乗客が乗り降りする

メトロモード、あらかじめ決められたルートは

走行するものの、バスと同じように、リクエストに

応じて停留所に停まる、バスモード(メトロ

モードとバスモードには、ループ内で往復する

モードもあります)、さらには、タクシーのように、

スマホアプリで要求により行き先が指定できる、

デマンドサービスモードがあります。

(最初は、きっと、メトロモードかバスモードで

運行するのでは?)

 

http://easymile.com/mobility-solution/

 

 ということで、以下のサイトでは、すでに

EZ10が採用されている動画を見ることができ

ます。

(タイミングによって、画像がおかしい場合が

あります。)

             

http://easymile.com/projects/