読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

UCC上島珈琲さんのアイスブリュードコーヒーサーバー特許出願

 この前、テレビを見てましたら、UCC上島珈琲

(株)の社長さんが出ていて、アイスブリュード

コーヒーなどの話をしていました。

 

 どんなものなのかと思って、WEBを調べると、

見た目が黒ビールのようで、クリーミーな泡が

載っているアイスコーヒーだそうで、おいしくて、

飲みやすいんだそうです。

(私は飲んだことがありませんので、WEBに

書いてある通りを書いているだけですので、

あしからず)

 

 新聞などによると、アメリカでこのような

クリーミーな泡を載せたコーヒーを飲んだ

UCC上島珈琲の方が、同じような泡が

出るコーヒーサーバーを開発したそうです。

 

 以下のように、アイスブリュードコーヒー

カーというのもあるそうです。

 

https://www.ucc.co.jp/company/news/2015/rel150717.html

 

 以下のように、アイスブリュードコーヒーが

飲める店、などというのも出ています。

 

http://officeliberty.main.jp/archives/5814

 

 ブームが来るんでしょうか?

 

 ということで、私のような田舎もんには、近くに

飲めるお店はありませんので、指をくわえながら、

どんな技術になっているのかを、特許出願で

見てみることに致しましょう。

 

 調べると、ありますね、特開2016-59372

「容器入りコーヒー飲料、容器入りコーヒー

飲料の製造方法、コーヒー用ディスペンサー

およびコーヒーサーバー装置」というもので、

発明者が中嶋弘光さんという方で、この方が

アメリカで飲んできたのでしょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160706134423j:plain

 

【課題】

 外観が新しく、味わいがまろやかな容器入り

コーヒー飲料の製造方法、該飲料用のコーヒー

用ディスペンサー及びコーヒーサーバー装置の

提供。

 

【解決手段】

 飲料容器11内に配置されたコーヒーを含

む液体121上に、コーヒーを含む泡122を

注ぐステップを含む容器入りコーヒー飲料1の

製造方法。また、コーヒーを含む液体121が

流出する第1状態、コーヒーを含む泡122が

流出する第2状態ならびに液体121及び泡

122が流出しない第3状態を選択するための

選択供給機構を備えるコーヒー用ディスペンサー。

 

 ということで、「飲料容器内のコーヒーを含む

液体上に、コーヒーを含む泡を注ぐことにより、

外観が新しく、味わいがまろやかな容器入り

コーヒー飲料が得られる」んだそうです。

 

 また、 コーヒー飲料中の泡部の量は、例えば

20体積%以上が良いそうで、泡生成手段は、

液体を第1小流路から第1小流路よりも流路面積が

大きい第1大流路に導くことにより泡液体を生成し、

泡液体を第1大流路から第2小流路に導き、

泡液体を第2小流路から第2小流路よりも流路

面積が大きい第2大流路にさらに導くことにより、

泡を生成でき、圧力容器6は、ボンベおよびボンベ

内に配置された高圧のガスを備え、ガスの種類と

しては特に限定されず、例えば、炭酸ガス、窒素

ガスなどが挙げられ、なかでも、窒素ガスが好ま

しいそうですよ。

 

 ということで、新聞によると、このコーヒー

サーバーは、サイズの問題で、設置できない

お店屋さんもあるそうで、小型化や、さらなる

改良を加え、他が追随できないようなおいしい

コーヒーサーバーの開発をおこなっていくそう

ですので、乞うご期待???