読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

特許検索海外編 4 スキルミオンを検索してみよう その2

 この前は、パテス子(Patentscope)さんの簡易

検索画面に、「Skyrmion」と打ち込んで検索すると、

18件出てきたぞというところで、終わりました。

 

 今回は、前回の続きを調べて行きましょう。

 

 まずは、以下から、日本語の簡易検索画面に

入りましょう。

 

https://patentscope2.wipo.int/search/ja/search.jsf

 

 

 それでは、今度は、日本語で「スキルミオン」と

打ち込んでみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114509j:plain

 

 そうすると、以下のように18件出てきま

したが、この前の「Skyrmion」の18件とは

違って、日本語の「スキルミオン」を検索

してくれているのがわかります。

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114528j:plain

 

  この前の「Skyrmion」のほうでは、たとえば、

以下のW0/2016/072162では「Skyrmion」

という単語はないですが、W0/2016/072162の

ハイパーリンクをクリックすると、「skyrmion」を

検索してくれているのがわかります。

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114552j:plain

 

  それじゃあ、「「Skyrmion スキルミオン」と

入れてみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114606j:plain

 

  そうすると、「な、な、なんじゃ、こりゃあーーー!!」

となって、15件しかヒットしてくれないんです。

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114619j:plain

 

 「パテス子さん、スペースを入れたら、

普通は論理和の、「or」、じゃあないんで

すか?」と、聞いても、「あたし、そんなふうに

言われても、困っちゃう!!」と言われて

しまうんです。

 

 ということで、「Skyrmion and スキルミオン」、

「Skyrmion or スキルミオン」と入れてみると、

「あー、なるへそ、「Skyrmion スキルミオン」は

論理積の、「and」検索なんですね?、と、わかる

わけなんです。

(いろいろ検索して確認していますが、パテス子さんに

聞いたわけではありませんので、違っていたらごめん

なさい。)

 

 それでは、それでは、ということで、他の

DBではどんなふうに検索されるのかを、

espacenetで検索してみましょう。

 

 espacenetは、今回は、デフォルトの

SmartSearchを使うことに致しましょう。

 

Espacenet - ホームページ

 

 ちなみに、パテス子さんでは、大文字、

小文字を関係なく検索してくれるため、

間違えて、「skyrmion」ではなく、「Skyrmion」

で検索していましたが、espacenetの

SmartSearch画面では、「Skyrmion」と

打ち込むと、発明者又は出願人と判断

され、「そんな人いないもんねー」と

言われてしまいますので、こちらの

ほうは、間違いなく小文字で「skyrmion」と

打ち込むことに致しましょう。

(検索画面は日本語でも、検索ワードは

日本語で検索してくれませんので、

英語で打ち込まないとダメですよ)

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114838j:plain

 

 そうすると、21件と、パテス子さんより

多いんですね。

 

f:id:oukajinsugawa:20160602114848j:plain

 

 何が違うのかというと、パテス子さんは、

WIPOで運用していますので、PCT出願の

検索が充実しており、espacenetはEPO

運用しており、収録官庁も多く、外国官庁の

データが充実しているんです。

 

 上の比較では、espacenetの検索で漏れて

いるPCT出願が、パテス子さんでは検索され

ていたり、パテス子さんで漏れている中国や

日本の出願が、espacenetでは検索できて

いたりしています。

 

 タダの検索DBを使って海外出願を検索

する場合、漏れをなくすには、複数の検索

DBを使うのがお勧めです。

(商用DBでもタイムラグがありますので、

抜けをなくすためには、念のために、海外

官庁DBや、espacenet、パテス子さんなどを

併用するのが良いでしょう)

 

 ということで、続く。