知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

パテントマップ特許情報分析ロボット編 25 トヨタロボットオーケストラ???

 トヨタさんの続きで2007年出願です。

 

・ 2007年

 自律的に移動するロボットの研究が

引き続き行われていますが、

「移動ロボット、及び床面形状データの

補正方法」や、歩行制御の研究開発が

引き続き行われており、以下のような

音楽演奏ロボットが出てくるんです。

(これらは以前に取り上げましたので、

図は添付しません)

 

「弦楽器演奏ロボット、及びその制御方法」

「弦楽器用マニピュレータ、及び弦楽器

演奏ロボット」

「打楽器演奏マニピュレータ及び打楽器

演奏ロボット」

 

 さらに2008年になると、引き続き自律

型のロボットの研究と共に、以下のように、

演奏ロボットも佳境に入って来るんです。

 

・ 2008年

「打楽器演奏マニピュレータ及び打楽器

演奏ロボット」

【課題】打面を叩いたときの衝撃による

アーム等への負荷を減少させ、ロボットの

消費電力を低減させる。

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075206j:plain

f:id:oukajinsugawa:20160223075219j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075233j:plain

 

「ロボットアーム、ロボット及び制御方法」

【課題】打楽器の演奏だけでなく他の作業も

可能とするロボットアームを提供すること。

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075259j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075315j:plain

 

「弦楽器演奏ロボット及びその制御方法」

【課題】弓と弦の接触座標系を自動で

算出・設定することができる弦楽器

演奏ロボット及びその制御方法を

提供すること。

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075352j:plain

 

「ロボット、同期制御方法及びプログラム」

【課題】無線での通信手段しか存在しない

場合においても、定期的に合奏を満足する

精度のタイミングの同期をとることを可能に

するロボット、同期制御方法及びプログラム

を提供する。

 

 自律型ロボットとしては以下のような

出願もありますよ。

 

「移動体、環境地図生成装置、及び環境

地図生成方法」

【課題】環境の誤検出を防止することが

できる環境認識装置、環境認識方法及び

これを搭載したロボットを提供すること。

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075439j:plain

f:id:oukajinsugawa:20160223075452j:plain

 

・ 2009年

擦弦楽器演奏ロボット」

 

f:id:oukajinsugawa:20160223075508j:plain

 

・ 2010年

「ロボットによるサービス提供システム、

ロボット管理装置及びロボット管理方法」

【課題】人間のように柔軟性の高い知識

構造を実現可能とする。

 

・ 2011年

「ロボットハンドの制御装置」

これは、演奏の際のロボットの手や

指を制御するシステムです。

 

 ということで、トヨタさんのエンタテイン

メント用ロボットの出願は終了したの

ですが、最初は大まかな出願をおこなって、

その後要素技術の出願をおこない、最後に

システム全体としての出願、というように

研究経緯がよくわかります。

 

 しかし、トヨタロボットパレード隊とか、

トヨタロボット管弦楽オーケストラとか

聞いたことがないのですが、研究成果は、

ロボットオーケストラには昇華しなかった

んでしょうかね???

 

 

 

2017年5月1日追記:

 トヨタさんのヒューマノイドという

ところに、実際にバイオリンを弾いて

いる動画がありますね。

 

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/family_2.html