知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

ソメスサドル

 ソメスサドルさん、知ってます?

 

 ソメスサドル・・・・・。

 

 「あったりめーだろ」と言った、あなた。

そう、あなた。

 

 あなたは、競馬関係者か、乗馬大好き

人間ですね?

 

 ということで、いつもの、あなたシリーズ

なわけでして。

 

 と言っても、ほとんどの人が知らないで

しょうから、この会社を調べてみましょう。

 

 この会社の正式名称は「ソメスサドル

株式会社」、設立が1964年、本社は

北海道の歌志内、社長さんは染谷さん、

資本金7,000万円、従業員数97名、

事業内容は、乗馬用、競馬用馬具、

革製鞄、革小物、ノベルティー商品

その他の革製品の製造、販売。

 

http://www.somes.co.jp/

 

 この企業、日本唯一の馬具メーカーで、

海外一流騎手も評価するという、知る人ぞ

知る、知らない人は知らないという(あたり

前ですが)企業で、最近では、この技術を

応用して、バッグやカバン、ベルト、財布等に

手を広げており、平成元年の現在の天皇

即位の大礼の際には、宮内庁に、馬具一式を

納入したり、2008年の洞爺湖サミットでは、

各国首脳に贈る記念品のダレスバッグを

製造しているんです。

(各国首脳さん、お金持ちでしょうから、

税金使わないで、買ってもらったらいい

のにね、というわけにはいかないので

しょうか?)

 

 2016年新作のダレスバッグは、税込

129,600円ですので、お金持ちのあなた、

ひとついかがです?

(いつものように、私はソメスさんの

回しものではありませんので、念のため)

 

 ということで、売上比率は公表されて

いませんが、今では馬具以外の製品の

ほうの売上げが多いのでは?

(ただの推測です)

 

 このソメスサドルさん、特許登録も2件

ありますので、どんなものを登録している

のか見てみましょう。

 

 まずは、特許2689322「乗鞍の鞍骨体」

というもので、出願が平成7年9月20日、

年金は最後まで払い込んで、平成27年

9月20日にめでたく権利を満了しています。

 

f:id:oukajinsugawa:20160311084538j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160311084600j:plain

 

 日本で唯一の馬具メーカーさんということ

なのですが、日本国内で権利が満了する

までお金を払っていたということは、日本

での外国馬具メーカーさんの影響力が

強くて権利を維持する必要があったので

しょうか?(PCT出願はされていません)

 

 もう一つは、特許5039163「乗馬用鞍」で、

出願が平成22年3月8日、4年目の

年金も払い込んでいますので、権利満了

まで権利を維持するのでしょうか?

 

f:id:oukajinsugawa:20160311084631j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160311084648j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160311084712j:plain

  

  乗馬等の鞍については、IPCでB68Cの

1/00というものがありますので、B68C1*で

検索してみると、以下のように、外国からの

出願が、やはりあるんですね。

 

f:id:oukajinsugawa:20160311084743j:plain

 

 あのエルメスさんも、鞍を作っていた

なんて、知りませんでした。

 

 なお、馬具製造ではないですが、馬具を

輸入している双洋貿易さんというのがあり、

「関連企業や協力工場で製作した馬具や乗馬

用品の輸出もおこなっています」ので、双洋

貿易さんでは、ソメスサドルさん製造の

OEM(相手先ブランド製造)製品なども

取り扱っているのかも?

(単なる推測です)