知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

パテントマップ特許情報分析ロボット編 19 アイロボットさんの次のロボット???

 それでは、今回は、新しい研究開発は

どうなっているんだ?ということで、2010年

の出願以降を見てみることにして、新しい

ものから見て行きましょう。

 

・ 特開2014−176,966 アイロボットコーポレイション

「移動式ヒューマンインターフェースロボット」

 

【課題】有用な移動式ヒューマン

インターフェースロボットを提供する。

 

f:id:oukajinsugawa:20160118194915j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160118194937j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160118194953j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160118195006j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160118195038j:plain

 

 ロボット掃除機の帝王??アイロボット

さん、次はこんなものを考えているので

しょうか?

 

・ 特開2015-187856 本田技研工業株式会社

「動作推定装置、ロボット、及び動作推定方法」

 

f:id:oukajinsugawa:20160118195134j:plain

  

【課題】検知対象エリアにいる人の動作を

高精度に検出することができる動作推定

装置、ロボット、及び動作推定方法を

提供することを目的とする。

 

【解決手段】動作推定装置は、センサと

対象物との距離を取得する取得部と、

人に対して挙手の終了を促した時刻に

基づき設定される第1時刻における

前記取得部によって取得された距離に

基づいて人の反応を推定する状況

推定部と、を備える。

 

 挙手などの動作を推定できるんだ

そうですよ。

 

・ 特開2015-229230 シャープ/ロボ・ガレージ

「ロボット」

 

f:id:oukajinsugawa:20160118195204j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20160118195238j:plain

 

【課題】ロボットとしての雰囲気を

損なわない外観を備えたロボットを

実現する。

 

【解決手段】ロボット(1)は、ロボットの

荷重が支持部(1f)により支えられて

いる状態でのロボットの自律動作時に、

ユーザが視認することができない

支持部の部位に、ユーザが指示

入力をロボットに対して行うための

入力部(27)を備えている。

 

 この出願は2015年の12月21日に

公開されたばかりのほやほやで、

シャープさんとロボ・ガレージさんの

モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」の

発売は今年前半だそうですが。

 

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/151006-c.html