読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

J-PlatPatを使い倒そう  その9  期間はいつからいつまで検索できるんですか?

J-PlatPat

 これまでに、概要と簡易検索の勉強が

終了したわけですが、プラピ(J-PlatPat)

さんで、何ができるんだ?というと、特許

や実用新案、意匠、商標の出願情報や登録

情報を調べることができたり、審判情報や

審査経過、どんな拒絶理由が通知され

たんだ?なども調べることができます。

 

 さらには、ある程度の外国の公報も

調べることができます。

 

 プラピさんでは、新しく、論文検索の

J-GLOBALともドッキングされています。

(論文の内容を見るには、お金が必要

ですが)

 

 また、IPCなどの国際技術分類や、

日本の技術分類も調べることができ

ます。

 

 じゃあ、できないことはなんだ?と

いうと、訴訟情報などは見ることはでき

ませんし、海外特有の技術分類(たとえば、

CPCというものや、USPCというもの

など)などは調べることはできません。

(ちなみに、CPCはプラピさんでは調べる

ことができませんが、特許庁さんのサイトで、

ちょっとだけ味わうことができます。

分類対照ツール  )

 

 また、商用データベースと何が違うかと

いうと、一回検索したら、それでおしまいで、

1回ごとの検索式を保存できないので、

後で、それらの検索式を使ってさらに検索

式を作ることができないのが難点です。

 

 さらに、内容の一括ダウンロードというのが

できませんので、以下のようなエクセル表を

作るには、一回一回、文献番号をクリックして、

要約や請求項を出して、コピペをしなければ

なりません。

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121356j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121408j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121422j:plain

 

 ちなみに、これも無料で使える「かんたん

特許検索」というのがあるのですが、こちら

のほうは、一度にダウンロードできたり、

被引用回数を調べたり、IPCやFIの

ランキングを出して、2次検索用の技術

分類決めをしたりできますが、要約は

やはり一度にダウンロードできないよう

です。

 

 そのうち、忘れなかったら取り上げて

みましょう。

(残念ながら、プラピさんのように古い

ものも検索できるわけではなくて、

ここ10年間ぐらいしか検索できません。

 また、なぜ無料なの?というのは、

ホームページでは、

「かんたん特許検索は、以下の収入を

運用費用の一部に充てることで、皆様に

無料でご利用頂いております。

◾サイトに掲載する広告収入

◾かんたん特許検索をベースにカスタ

 マイズしたシステムの開発・販売」

だそうです。)

 

かんたん特許検索 | 無料・簡単操作で特許検索

 

 話はプラピさんに戻って、まあ、それでも、

検索を仕事としていない方にとっては、ある

程度使えますし、意匠や商標も検索できると

いうのは重宝します。

 

 それでは、マニュアルにも書かれていますが、

読むのが面倒でしょうから、同じ内容ですが、

プラピさんの基礎的な画面構成から簡単に

調べて行きましょう。

 

 まずは、以下をクリックして、プラピさんの

画面に入りましょう。

 

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 

 そうすると、マニュアルに書かれている

画面とは、現在はちょっと違っていますが、

右下のほうに、「マニュアル等ダウンロード」

というのがありますので、まだマニュアルを

ダウンロードしていない方は、ここから

ダウンロードしましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121534j:plain

 

 といいつつ、これもマニュアルに書かれて

いる画面とは変わっていて、一番右下に、

「あなたは9,944,827人目の来館者です」

というのがあります。

 

 今まで使っていましたが、全然

知りませんでした。

 

 もうすぐ1000万人目になりますが、

1000万人目には記念に、何かもらえるん

でしょうか?

(「そんなわけねーだろー」という声は、

シカトいたしましょう。

皆様がこのブログを見ている段階では、

1000万回を突破しています。)

 

 来館者というからには、工業所有権

情報・研修館(INPIT)へのアクセスなの

でしょうか?

 

 はたまた、プラピさんへのアクセス回数

なのでしょうか?

 

 INPITさんのホームページには、このよう

なアクセス数のところがありませんので、

プラピさん単独なのでは?

 

 といいつつ5分ぐらいたってから、再度

アクセスすると、あっという間に9,945,669

になってしまっていました。

 

 プラピさん、引っ張りだこ???

 

 それでは、いつからいつまでの文献が

検索できるんだ?というのを調べてみま

しょう。

 

 今度は、先ほどのところの上にある、

「文献蓄積情報」というのをクリック

しましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121649j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121713j:plain

 

 試しに、「特許・実用新案テキスト検索」の

場合はどうかというと、赤枠をクリックして

もらえれば、見ることができます。

 

 検索できる期間は、それぞれの検索画面

でも調べることができ、たとえば、「特許・

実用新案テキスト検索」画面では、右下に

「文献蓄積情報」というのがあり、ここを

クリックすると、「特許・実用新案テキスト

検索」だけの検索期間が表示されます。

 

f:id:oukajinsugawa:20151203121804j:plain

 

 尚、検索画面ごとに、検索できる期間が

異なっており、「特許・実用新案テキスト

検索」では、テキスト形式で検索するため、

昔のPDFしかないものは、検索をしてくれ

ませんが、「特許・実用新案番号紹介」の

ほうは、PDFでも番号が割り振られていま

すので、明治18年の特許第1号から検索が

できます。

(このへんは、それぞれの検索画面の

部で、調べて行くことにしましょう)

 

 ちなみに、古い時代の特許はどのような

ものだったんだ?というのは、「特許の

歴史・知られざる特許の旅」シリーズで

書いていますので、興味のある方は、

そちらを見てください。

 

特許の歴史 カテゴリーの記事一覧 - 知財アナリストのひとりごと