読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

J-PlatPatを使い倒そう 簡易検索番外編 コロコロ

 この前、テレビを見ていましたら、

100均商品を海外に持っていく、と

いう番組をやっていたのですが、

掃除道具のコロコロも100均で

売っているんですね。

 

 調べると、ダイソーさんで売っている

ようで、WEBでの使用した感想は、

「テープを3~4本替えたら壊れちゃった」、

などというものもありますが、まあ、

正規のコロコロではないんでしょう。

 

 ということで、なにげに「コロコロ」と

言っていますが、きっと、商標登録が

されていて、正規製品でないと「コロ

コロ」とは呼べないんでは?と思い

ますので、早速調べることにいたしま

しょう。

 

 まずは、ヤホーで、「コロコロ」と

入れてみると、小学館の雑誌「コロ

コロコミック」が一番先に出てくるん

ですね。

 

 それでは、それではということで、

今度は「コロコロ」でググってみると、

やっぱりコロコロコミックが一番上

ですね。

 

 やっぱり、妖怪メダルとかのコロコロ

公式サイトがありますので、こちらの

ほうが人気なんでしょう。

 

 ということで、気を取り直して、

「コロコロ」を作っているのはどこ

なんだ?と調べてみると、日東電工

さんの子会社、ニトムズさんだったん

ですね。

 

http://www.nitoms.com/

 

 ニトムズさんの正式名称は、「株式

会社ニトムズ」さん、設立が1975年、

資本金が1億6,000万円、従業員が

176名、事業内容は、日用家庭用品の

製造・加工・販売及び輸出入となって

います。

 

 以下のニトムズ誕生物語では、1970

年に日東さんの中に粘着テープの

家庭用商品化を目的に開発チームが

発足し、ニトムズという名前は、会社名

から名づけられたんだそうですね

 

http://www.nitoms.com/kaisha/index.html

 

 ということで、まずは、簡易検索で

商標を探してみましょう。

 

 まず、今まで勉強してきた、カタカナで

入れると「称呼検索」になるぞ、ということ

で、「コロコロ」と入れてみましょう。

 

 そうすると、「すんごいですねー、すん

ごいですねー」ということで、114件も

ヒットして来ました。

 

f:id:oukajinsugawa:20151201125040j:plain

 

 上のほうから少し貼り付けると以下の

ようになり、絵本もありますし、不二家

さんや、薬品メーカーさん、アース製薬

さんなどもあり、「おむすびころころ」

なんていうのもあるんです。

 

 下に貼り付けていませんが、このほかに、

「豆つぶころころ」とか、「梅の実ころころ」、

「コロコロチーズ」、「お芋ちゃんコロコロ」、

「こんがりコロコロ」、「どんぐりコロコロ豚」、

「ころころコロタン」など、これでもか、と

いうぐらいいろんなものがあるんですね。

 

f:id:oukajinsugawa:20151201125107j:plain

 

  株式会社ニトムズさんからも、

いろいろ出ていますが、この前勉強

した、出願人名で調べてみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20151201125146j:plain

 

 そうすると、一覧表示は貼り付けま

せんが、最初は、企業名の商標登録が

多く、「コロコロ」関係は、清掃用具と

しては、紙製ナプキンや紙製ハンカチ

だけで、くるみ割り機とか、アイス

ペールなど、いろんな商品で登録が

されており、次に、紙製ごみ収集用袋

などの登録になっており、清掃用具と

して登録されはじめたのは、2005年

頃からだというのがわかります。

 

 簡易検索も、結構使えて、ばかに

ならないでしょう???

 

 ということで、ここで、この前説明

した裏技??が使えて、特・実と、

意匠は、画面を切り替えて、「検索」を

クリックするだけで、いーんです。

 

f:id:oukajinsugawa:20151201125237j:plain

f:id:oukajinsugawa:20151201125255j:plain

 

 

f:id:oukajinsugawa:20151201125306j:plain

f:id:oukajinsugawa:20151201125321j:plain

 

 ちなみに、「意匠に係る物品」で、

空白のものは、秘密意匠となります。

 

 ということで、それではまた。