読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

パワーグローブと睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療器具

 この前、イノベーションジャパン2015と

いう催し物をやっていたため、東京ビッグ

サイトに見に行ってきました。

 

 内容は、大学での研究成果の見本市?

のようなものですが、この中から、おもしろ

そうなものをちょっと拾って書いてみましょう。

 

 今回は、その中の、医療やシニア支援

分野編です。

 

まずは、中央大学の諸麥俊司先生が、

「柔軟・軽量なロボットスーツ - パワー

グローブと無呼吸症治療器具」という

のを出していました。

 

 諸麥先生は、柔軟な素材で構成され、

快適に長時間装着して使用することの

できるロボットスーツの開発に取り組んで

いるそうで、出展されていたのは、この

うちの、電動式パワーグローブと空気圧

駆動式の睡眠時無呼吸症候群SAS

治療器具の二つでした。

 

 パワーグローブのほうは、手指麻痺者の

指運動を実現する軽量・コンパクトな電動式

手袋だそうで、SAS治療器具のほうは

睡眠時に異常呼吸を検知すると自動的に

頭部姿勢を変更して気道開通を図る

着衣型器具なんだそうです。

 

 どんなものに使うのかというと、パワー

グローブは、手指運動麻痺者の生活

支援や就労支援、上肢運動麻痺者の

機能回復訓練で、SAS治療器具の

ほうは読んで字のごとくですね。

 

  それでは、諸麥先生は、どんな特許

出願をしているのか調べてみると、以下の

ようなものでした。

 

f:id:oukajinsugawa:20150901154303j:plain

 

 「取鍋内壁のノロのハツリ装置」という

よくわからない発明がありますが、ハンド

リフター装置でした。

 

 階段昇降装置というのは、人や荷物を

容易に昇降させることができる階段昇降

装置だそうで、以下のようなものでした。

 

f:id:oukajinsugawa:20150901154323j:plain

f:id:oukajinsugawa:20150901154343j:plain

 

展示会で発表していた、パワーグローブは、

能動把持装置と静電容量センサというもので、

以下となります。

 

f:id:oukajinsugawa:20150901154419j:plain

f:id:oukajinsugawa:20150901154505j:plain

 

 SAS治療器具のほうは、気道確保装置

で、以下となっています。

 

f:id:oukajinsugawa:20150901154546j:plain