読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

堀江文海堂 

  堀江文海堂さん、知ってます?

 

  「ほりえぶんかいどー」・・・・・。

 

  ホリエモンとは違いますよ。

 

  超有名な会社なのに、知らない?

 

  ということで、この会社の本社は

東京、創業明治44年、資本金4億5千万円、

連結売上高は2014年3月期ですが

約378億円、事業内容は、文具事務

用品(画材、筆記具など)、電子機器

(タッチパネル、タッチスイッチ、ペンタブ

レット、デジタルペン など)、産業用

ロボット、産業用自動組立機、射出成型

用精密金型、 精密ハンドプレス、化成品

関連製品(化粧品部品、文具事務用品、

医療機器など)となっています。

 

 産業用ロボットは、1980年に小型精密

組立ロボット「PUHA」を開発し、ロボット

業界に進出しています。

 

 社長さんは、2012年5月までは堀江

さんでしたが、現在は和田さんが社長

です。

 

 事業別売上高は2012年度単体で、

文具87%、電子機器4%、産業用機器3%、

化成品5%、その他が1%という会社です。

 

 内訳をさらにホームページから貼り付け

させてもらうと、以下のようになっています。

 

f:id:oukajinsugawa:20150628100320j:plain

 

 どうです、わかったでしょう?

 

 えー、まだわからない??

 

 それじゃあ、「えーい、おまけだ」、

どんな研究開発をおこなっているのか、

特許出願から載っけてみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20150628100403j:plain

 まず出願公開数ですが、2000年頃を

ピークに最近、毎年毎年減少傾向です。

 

 次は共願者ですが、以下のように、現

東京農工大学長の松永さんとの出願が

一番多いようです。

 

f:id:oukajinsugawa:20150628100438j:plain

 

f:id:oukajinsugawa:20150628100531j:plain

 

 上はFI分類サブクラスで表示させて

いますが、出願が多い順に、

B43K、B43L:筆記用または製図用の器具

C09D:インキ;修正液等

G06F:デジタル計算機等

B65D:びん,箱,缶等包装容器

A61K:医薬用,歯科用又は化粧用製剤

B29C:プラスチック成型

A45D:マニキュアまたは他の化粧

等々、

 

 ということで、やはり文房具関係が多いよう

です。

 

 どうです、わかったでしょう?

 

 え?、まだわかんない?

 

 ファイナルアンサー?

 

 ということで、「ばかやろー、最初から

わかってたよ」という方もお出ででしょう

から種明かしをすると、「ぺんてる」さん

でした。

 

 ぺんてるさんは、正式名称「ぺんてる

株式会社」、明治44年に筆作りの職人

さんだった堀江利定さんが、明治44年に

屋号を堀江文海堂として創業し、戦後

1946年に大日本文具株式会社として

会社組織として、クレヨンなどの商標

として使われていた「ぺんてる」を1971年

に社名にしたんです。

 

http://www.pentel.co.jp/

 

 ちなみに「ぺんてる」の商標は、1968年

登録0771699を初めとして、10件以上

登録されています。

 

 最近、大塚家具さんのお家騒動があり

ましたが、ぺんてるさんでも2012年に

お家騒動があり、こちらは親子同士と

いうわけではありませんが、業績が低迷

していた2012年に、創業家の社長さんが

解任されてしまいました。

 

 ぺんてるさん、現在上場されていないので

正確な売り上げがわからないのですが、

2011年3月期の単独売上高約247億円で、

HPに出ている2014年3月期の単独

売り上げが約225億円ですので、業績は

回復していないようです。

 

 業績が、特許出願(出願公開数)と連動

していますね。

 

 必ずしも売上高と相関があるわけでは

ありませんが、やはり特許出願は研究開発

の成果ですので、特許出願数を見ると、

その企業の勢いがわかりますよ。

 

 芯が折れないシャーペン「オレンズ」だけ

では業績回復はなかなか難しいのでしょう

かね。

 

 ということで、おもしろいので、そのうち

忘れた頃に、知っとるけシリーズ第2弾でも

やってみましょう。

 

 それでは、また。