知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

知財戦略中級編  オカモトさんと著作権

f:id:oukajinsugawa:20140830135001j:plain

 

 今までは、特許、実用新案、意匠、商標という

産業財産権について見てきましたが、今回からは

知的財産に含まれる著作権について見ていきましょう。

 

 今までも、著作権については、虫食い的に、ところ

どころ説明してきましたが、今回からは系統だてて

説明していきます。

 

 まず、上記はその説明ですが、赤で書いた部分が

著作権関係で、まあ皆様結構なじみがある言葉では

ないかと思います。

 

 これをさら詳しく特許と何が違うんだというのを説明

したのが以下となります。

 

f:id:oukajinsugawa:20140830135057j:plain

 

 まず、著作権法での保護対象は、いつも

書いているように、「芸術は、爆発だ!!」の、

感情表現の爆発ですね。 

 

 つまりは、岡本太郎さん??

 

 普通爆発というのは、火山の爆発とか

ダイナマイトの爆発とか、外部に向かってされる

のが一般的ではないでしょうか。

 

 坑道の中で発破を爆発させる場合もあるぞ、

という意見もおありでしょうが、坑道の中と

いってもやはり爆発後は坑道の中での目に見える

形での爆発となるでしょうから、やはり外側への

爆発と言っていいでしょう。

 

 つまりは、爆発は外部への発信です。

 

 頭の中で爆発させるということはなく、爆発は

外部へ目に見える(聞こえる)形で発信されたもの

ですので、頭の中だけで考えましたという

イデアだけでは保護されません。

 

 ということで、著作物とするためには、頭の中での

イデアだけではだめなので、著作権で保護される

ために外部へ爆発させましょう。

 

 爆発させる対象は何かというと、まあ、文芸、学術、

美術、音楽などじゃね?と書かれています。

 

 例として、実験データなどは、感情を爆発させて

できたものではなく、「物」のほうが勝手に反応した

結果なので、「著作物ではありません!!」と

言われてしまいます。

 

 権利の発生には何か手続きが必要か?というと、

無方式主義といって、勝手に権利が発生します、と

言っています。

 

 これも以前から何度も書いていますね。

 

 権利としては、コピーなどしたら「やめろー」

と言えることになり、この権利は原則、著作者の

死後50年まで続くと書かれています。

 

 結構長いですよね。

 

 何でこんなに長いんでしょう?

 

 これは、特許法などと異なり、発明は時間とともに

陳腐となってしまいますが、著作権法の目的は

文化の発展であり、長い間保護していても、その

弊害は小さいというところにあります。

 

 というところで、今回はこのくらいで。