知財アナリストのひとりごと

特許情報分析・知財戦略をやさしく解説します

IPC分類で「0000」ってあるの?

   本日は祝日ですので、トリビアな話を

してみましょう。

 

 IPCは技術分類だという話をしました。

 

 IPCA~とかの番号で分けられていますが、

実は分類表に載っていいないものがあります。

 

IPC分類表及び更新情報(日本語版)

 

 まずIPDLの「パテントマップガイダンス」を

クリックしてみてください。

 

 そうすると「FI照会」や「Fターム照会」、

IPC照会」などが書かれた画面が出て来ます。

 

 尚、パテントマップガイダンスはPMGSと略称

されますが、分類記号を調べるツールです。

 

 それぞれの「FI照会」や「Fターム照会」、

IPC照会」をクリックすると、どんどん

細かい分類になっていきます。

 

 試しに赤枠で示した「IPC紹介」をクリック

してちょっと遊んでみてください。

 

 どんどん詳しくなっていきます。

 

f:id:oukajinsugawa:20131217090640j:plain

 

 このIPCはアルファベットが「A」~「H」で

始まる分類記号しか出て来ません。

 

 しかし、このほかに「あるんです!!」。 

 

 それは「0000」(ゼロゼロゼロゼロ)と

いうものです。

 

 しかし、試しに「IPC照会」の右の四角の

箱に「0000」と打ち込んでみてください。

 

 やはり、「入力コードに誤りがあります」

としか出て来ません。

 

 これは、IPDL

公開特許公報フロントページ検索

のみで検索できます。

IPDLの公報テキスト検索や、特許分類

検索ではエラーになってしまいます)

 

 試しに検索してみましょう。

 

f:id:oukajinsugawa:20131217090900j:plain

 

 323件と出ました。

 

 一覧表示にして見てみると、以下のように

なります。(直近の20件のみ表示)

 

f:id:oukajinsugawa:20131217091009j:plain

 

  見てみると、どこのIPC分類にも

属さないような(無理やり属させてもいい

ですが)出願には「0000」が付与されて

います。

(正確には、「0000 0/00」です)

 

f:id:oukajinsugawa:20131218080303j:plain

 

 分類できないので、テーマコードも

空欄になります。

(空欄ではなく「「0000」でもよいと

思うのですが、なぜ空欄なのでしょう?)

 

 「タイムマシン」とか「鉄粉を金に

する方法」とか、「未来や過去を見る、

聞く装置」とかありますので、祭日で

時間がある方は覗いてみるのも一考かも

知れません。

 

 

2015年6月29日(月)追記:

 IPDLがJ-PlatPatに変わって、残念ながら

「公開特許公報フロントページ検索」が

なくなり、J-PlatPatでは検索できなく

なってしまいました。

(J-PlatPatではできなくなったという意味で、

たとえば私の使っている商用DBでは検索可能

です。

 

 たとえば、最新の出願公開では、

特開2015-096006 公開日2015/05/18 「宇宙の素粒子

特開2015-089147 公開日2015/05/07 「大クエーサー群」

などがあります)

 

 このブログの一番上の「IPC分類で「0000」

ってあるの?」という今回のブログタイトルの

下に、カテゴリー「0000 0/00」がありますので、

これをクリックしてもらうと、0000シリーズ

分析をおこなっていますので、必要な方は見て

ください。